スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Major Crimes 重大犯罪課 第9話 盗まれたID

Major Crimes #9 Cheaters Never Prosper



あるバーで閉店時刻になってもトイレから出てこない男がいるのに店主が気づき、
無理やり扉を開けると、男は嘔吐物にまみれた状態で床に倒れており、
すでに死んでいた。外傷がないことからアルコール中毒かと疑われたが、
検死をした結果、不凍液を呑まされて殺されたことがわかる。
被害者はラスベガス署の刑事で、相棒の刑事を呼び寄せ話を聞くと、
ID盗難事件の調べを進めていたという。一方のラスティは、
ダンの家に週末遊びに行くことになっていたのだが、期日を延期された上、
遅刻で現れないことに腹を立て…。

なんだかあっちもこっちも気分の悪い話。
警官が殺されると、普通みんなものすごいテンションで、
犯人探しを始めるのに、相棒のコナー(マイケル・ロドリック)は、
えらいやる気がないなと思いきや、愛想を尽かしてたんでしょうか。
確かに仕事で助けた好みの女性に言い寄ってばかりとは、
相棒としてもつらいことが多かったんだろうけど、これはいただけない。
身内の恥をさらしたくなくて、黙っていたんだろうと思うが、
どうせばれるのにね。

犯人のローラ(スプラーグ・グレイデン)についていえば、こちらもどうにも、
同情しかねる女性でした。シャロンもいっていましたけど、
そもそもなんで、最初に関係を結んでしまったのかがわかりません。
一度関係を結んだあとの話はわかるんですけど、どうしてそうなるのか。
最初にきっぱり断っていればそれで終わったと思うのに。
あれだけ平気な芝居を打てるのだから、結構図太いところもあると思うし、
わかっててやった感が強かったので、捕まってくれてよかったかな。

そして急展開のラスティとダン。
どんなに腹が立ったからといって、どうしたらこういうことができるんでしょうね。
この二人は歴史がないわけですから、遺伝子上は親子といっても、
お互いに愛情があるわけでもないし、一緒に振り返れる過去もない。
どちらかというと他人に毛が生えた程度の関係だからなのかもしれませんが、
平手でぱちんと、そのときの感情でたたいてしまったというような、
軽い怪我ではなかったですよね。こぶしで殴りつけていて、
しかも、一回ではなく数回は殴ってる。

ラスティもああいう子だから、不安な気持ちが勝ってくると、
つい憎まれ口のように、相手の感情を逆なでするようなことを言ってしまうけれど、
だからって殴っていいことにはならない。まあ、ある意味、
完全に向こうの手に落ちる前に、この時点でわかったのはラッキーでしたが、
これでさらに傷ついたであろうラスティの気持ちを思うと複雑です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。