スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル4 第1話 おかえり、ジェーン!

Drop Dead Diva 4 #1 Welcome Back

ジェーンはオーウェンとイタリアに飛び、ローマの休日を楽しんでいたが、
そこにテリーが突然現れる。パーカーがいなくなったあと、
キムが事務所の役員としてやっていたが、事務所の経営が危なくなり、
ジェーンの昔の友人でもあり、はじめて担当したケースの依頼人、
エミリー(メギン・プライス)がジェーンを名指ししたのだという。
愛人殺しで告訴されているというエミリーを救うために、ジェーンはLAに戻ることに。
一方、ステイシーにキスをしたグレイソンは、ステイシーの口から、
デビーは自分ではなく、ジェーンだという話を聞き、心が揺れる…。

いやいや、本当に「おかえり、ジェーン!」ですね。
このドラマはポジティブなエネルギーに満ちているので、
見ているとほっとする。これから寒い季節ですし、
心はほっと温まりたいですよね。

今回の事件、double jeopardyを利用した、汚い犯罪でした。
実際、どんなにあやしく見えても、犯人じゃないことはあるし、逆もまた然り。
いまひとつエミリーのことを信じきれないまでも、
ジェーンは被告のためにと闘う。エミリーのずるいところは、
ジェーンがそうするであろうことをわかった上で、彼女に依頼をしたこと。
終わった後でジェーンに真実を突きつけられても、
しれっとした顔であなたは変わったといって、悪びれもせずに去って行く彼女は、
怖い人だなと思いました。こういう心が壊れた人っているんですね。

そしてジェーンをめぐる恋の模様にも変化が。
先シーズンの最後、ジェーンを追いかけて夢のように現れたオーウェン。
そしてジェーンとデビーの話を聞いて、今になってやっと、
彼女のことを意識し始めたグレイソン。
私はもちろんオーウェンを応援しますとも。
グレイソンは一応ドラマの設定としての、ジェーンの公式なんでしょうが、
彼にあまり魅力を感じないのは私だけなのか。
とりあえずジェーンが今シーズン、悲しい思いをしないといいです。

前回こじれてしまったキムとパーカー。
パーカーは息子を見つけることはできず、傷心のご帰還ですが、
キムとの間の感情は、お互いの表情を見ても、複雑な様子。
もうこのふたりの復縁は難しいですかね? パーカーがつれてきた投資家、
そして新たな守護天使ルーク(カーター・マッキンタイア)がどう絡むのか。
彼はフレッドに比べて、かなりドライなタイプのように見えるので、
キムに手を出したりとかは考えにくいのだけど、なんらかの展開はありそう。

フレッドをもう一度失うことになったステイシー。
でも、かわいそうだなと思うのは、二度ともその心に彼の影が残らないこと。
そのほうが本人にとっては負担が少ないのは確かだけど、悲しいですね。
これで本当にフレッドは出てこなくなってしまうのだろうか。
そして、この事態を招くことになったアドバイスを出したニッキーは、
キム・カーダシアンだ。彼女はこれからも出てくる様子です。

新に役者がそろいなおしたシーズン4、これからの展開に期待です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。