スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャンダル 託された秘密2 第15話 政略結婚

Scandal 2
#15 Boom Goes the Dynamite


オリヴィアはカフェで出会ったジェイクとレストランで会うことに。
デートだと言い張るジェイクに、オリヴィアはビジネスミーティングだと突っぱねる。
自分の事件の調査を依頼していたデイヴィッドは、誰かに尾行されているというので、
オリヴィアはハックを護衛としてつけることに。そんな中、
オリヴィアの元へは新しい依頼人がやってくる。政治家一家のコールドウェル家の長男、
ピーター(エリック・メビウス)が、弟のウィル(サム・ペイジ)を、
ノースキャロライナの州知事として、当選させてほしいという…。

ゲストに「シャーク」のケイシーが登場です。
またこういう頼りないいいとこの坊ちゃん役ですか。
そしてその兄ちゃんは「アグリー・ベティ」のダニエル。

最初、ジェイクがリヴの家を見張っているシーンが映ったとき、
かなりぎょっとしました。一体どんなストーカーかと。
さすがに軍の人なので、リヴをはめようとしているとは思わなかったので、
ストーカーかと思ったけど、フィッツの差し金かー。
やっぱりあいつはダメ男だ。しかも最後、ジェイクをプッシュしすぎて、
なぜこの指令が出されたのか、言わずに語ってましたしね。
いや、こんな最高司令官の下で命を落とす若者たちが気の毒だ。

それはともあれ、ここを機会にとフィッツに点数を稼いでいたメリーと、
それを見越して彼女を罠にはめたサイラス。メリーも結構な役者なのですが、
さすがにサイラスとやりあったのでは勝てないか。
私はメリーのことは嫌いではないので、ちょっと気の毒に感じますが、
確かに彼女の「私が、私が」光線がうっとうしいのはわからなくもない。
まあ、これはまだまだお互いにつばぜり合いは続きそうです。

そんな裏方のごたごたはさておき、戦地で被害にあっているCIA局員たち。
その大元の局長が絡んでいたのでは、そりゃどうにもできないわ。
真相を知ったリヴたちが、これからどうやってこの真実を表に出すのか、
あるいは表に出さずに彼を政治の舞台から葬るのか。
これは更なる血が流れる展開で、いやな感じがしますね。
国のために体を張って、命を懸けている人間たちが、こういう人間のために傷つくのは、
なんともやりきれない。ここはきっちり片をつけてほしいけど、どうなるかな。

そんな中、またしてもリヴの能力を疑いたくなるようなことが。
オズボーン(カート・フラー)のことがわからないのはいいんです。
でも、あのおかしな反応をするマリオン(リサ・シェリダン)を見て、
なぜすぐにウィルの相手が彼女だと気づけない!? しっかりしてくれ!
S1のころは、もっとリヴができる女な感じだったのに。
早く以前のできるリヴに戻ってほしいなと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。