スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー9 第22話 失われた誇り

Grey's Anatomy 9 
#22 Do You Believe in Magic


 

感染症の疑いは解けたベイリーだが、オペの許可が下りてからも研究室に閉じこもり、
誰とも口を聞こうとしない。そんな中、ERに救急車で女性が運ばれてくる。
彼女は夫のマジックのアシスタントをしているケイラという女性で、
胴体切断マジックの途中に、チェーンソーで胴体を切られて運ばれてきたのだった。
早速彼女の処置を始める医師たちだったが、臓器はぼろぼろになっており、
脊椎まで損傷が及んでいる状態で、生きているのが不思議なほどだった。
一方、母親が亡くなったばかりのイーサンが睡眠薬の過剰摂取で、
祖母に付き添われて病院に運ばれてくる…。

たまにGAではびっくりするようなけが人が運ばれてくるのですが、
今回のケイラは、久々にすごかったですね。
まったくもってそういう意図はなかったわけですが、
生きながらにして麻酔も何もなしに、チェーンソーで体を切られるという、
拷問も真っ青の恐ろしい事態に、本当に背筋が寒くなりました。
医師たちの「どうして生きてるの」という言葉がそれに拍車をかける。
助かったのは、本当に僥倖でありますが、そのトラウマたるや、
画面には映らない向こうで、彼女がこれからどうなるのかが心配です。

前回、リチャードに心を閉ざしたミランダですが、
彼女の心の傷も、思った以上に深いようで。
今まで彼女はこの病院の魂であり、心臓だったように思います。
彼女がみんなの支えだったし、師であり、母であり、友人だった。
その彼女が崩れてしまうと、みんなが立ち行かなくなってしまう。
ただ、今回のことで彼女は、経営者となってしまった友人の医師たちとは、
自分が違うことを感じ、そしてそのときに心の支えとなってくれるはずの、
リチャードに見放されたと感じたことから、力を失った。
ベンが早くミランダを元気付けてくれるといいのですが。

イーサンのことで、子供への思いが募っている様子のオーウェン。
先週クリスティーナは、自分たちの未来像の違いから、
いつかオーウェンを失うことになるとそっとつぶやいたけれど、
この二人はどうなるのだろう。オーウェンは自分がほしいのはクリスティーナと、
自らに言い聞かせるようにいっていましたが、本音はどこにあるのか。
イーサンを養子にとることを考えているように見えるのだけどどうするのかな。
PPでシャーロットが変わっていったように、イーサンと接する中で、
クリスティーナが変わることも十分にあると思うのだが、
それにはまだ時間がかかりそう。何よりクリスティーナ自身が、
変わる自分を受け入れるのに時間がかかりそうな気がします。

このシーズン、時間をかけて危機を乗り越えたカリーとアリゾナだけど、
ここにきて、美人の第三者がその間に入ってくる? どうするのかな。
エイプリルとジャクソンは、まだ二人の視線には微熱が感じられるし、
二人が戻る可能性があるのではと思っているのだけど、
それはこのシーズン中には無理かも。ジョーは本当にどうでもいいのですが、
ああいうの見ちゃうと、またアレックスがねー…。本当にどうして、
毎度毎度こういうめんどくさいダメな女にばかり彼は引っかかるのか。
そういう趣味なんだよね。彼にもいい女の子をつけてあげてほしいなぁ。

そして今、一番気になっているのはメレディスのこと。
あの予告は見たくなかった。思わず悲鳴が出てしまいました。
ひどいことじゃないことを願いますが、どうなるだろう?
メレディスが泣く姿を見ないですむといいのですが…。

関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。