スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー9 第23話 無防備な心

Grey's Anatomy 9 
#23 Readiness Is All


 

シアトルに嵐がやってくるという予報を受け、GSMHではその準備に余念がない。
殴られた顔で駆け込んできたジョーを見て腹を立てたアレックスは、
話をつけるといってジェイソンの元を訪れたのだが、意識のない彼を病院に
担ぎ込んでくる。一方、イーサンが里子に出されそうだという話を聞き、
オーウェンはメレディスに、ゾラを養子に取ったときのことを尋ねる。
イーサンの父親の担当医のクリスティーナは、新たな治療法を考え付くのだが…。

鉄筋が刺さった患者を見たときは、列車事故でパイプで串刺しにされた患者が
運ばれてきたエピソードを思い出した(S2-6「アンフェア」)。
たぶん、メレディスがいっていた、こういう患者を診たことがあるというのは、
このときのことではないかと思うのだが、こういうのはきついですよね。
それでも今回、鉄筋の切断で危ないと思うときはありましたが、
彼が助かったのは、本当に運がよかったし、医師たちもがんばったと思います。
こういうことがあるから、つらい日も乗り切っていけるのでしょうね。

そしてそのオペから外されたエイプリルに思いもかけないプロポーズ。
いや、患者が踊りだしたときに、すぐに何が起きるかはわかりましたが、
本当にこれでいいのかなぁ。間違いなくジャクソンは、
エイプリルの幸せを願っているとは思いますが、この二人は一緒にならなくていいの?
ああいうフラッシュモブ、今ずいぶんとはやっているようですが、
本人たちはいいんでしょうけど、周りの人はどうなんでしょうね。
間違いなく記憶に残るプロポーズで、本当にこのまま二人が結婚して、
子供ができたら、語り草になることは想像できますが。

メレディスが階段で転んでいるシーンを予告で見たときは、
思わず叫んでしまいました。やっと望んでいた赤ちゃんを授かったのに、
こんな形で、ここまできて失うとしたら、それはあまりに悲しすぎます。
ただの打ち身で、大丈夫だったことにほっと一息つきましたが、
今度はなんと破水。病院内でのことですから、施設はありますし、
大切な仲間のこと。みんな全力を尽くしてくれると思いますが、
初産だし、順調に進むといいですね。

オーウェンとクリスティーナ。少しずつ心が離れていきますね。
オーウェンは無理をしていて、クリスティーナもそれに気が付いてる。
メレディスが変わったのだから、クリスティーナだって変われないはずはないけど、
現時点で彼女は自分が変わりたいと思っていないから、
まだ変われないだろう。この二人の場合、必ずしも本音を言い合うことが、
前に進めるわけではないのがポイントで、難しいところ。
これからどうなるのだろうか。

「どうするの? アレックスどうする気?」って。
わかってて聞くよね~。ジョーって本当にめんどくさい女の典型だ。
こうなるのはわかっていたくせに、あえてアレックスのところにくるのがいやらしい。
絶対にやめたほうがいいのに、アレックスはやめられないんだよな。
突っ張って悪い人ぶったりすることも多いけど、
基本的には根がやさしくて、面倒見がいいアレックスだから、
こういうめんどくさい女を見ると、助けなくちゃと思うから始末が悪い。
そしてアリゾナ。いいのか、あれで! カリーはどうするの?
黙っているんでしょうかね。あと2話でどんな展開になるのでしょうか。
こういうのをクリフハンガーにされたくないなぁ…。

関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。