スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーン・ノーティス6 第18話 逆転の時

Burn Notice 6 #18 Game Change



医者へと搬送している途中で、サムが意識を失ってしまう。
フィオナは知り合いのもぐりの医者、ジェド(ロックリン・マンロー)が、
帰れと怒鳴るのを無視して、銃を突きつけてサムの看護を無理やりさせる。
心停止をしたサムは、人工呼吸と心臓マッサージで心拍が戻るが、
その晩、ジェドの家がスナイパーたちに襲われる。彼らを退けたマイケルは、
体に残っているタトゥーから、襲ってきた相手が麻薬カルテルの人間とわかり、
彼らを差し向けたのが、オリヴィアであると予測するのだが…。

果たしてこれを逆転のシナリオと呼んでいいのか。
なんかしっくりこないな~。これ、相手が逆転しただけで、
前のシーズンのフィナーレとそう変わりはないような気がします。

ちょろちょろとしか出てこないブライが、ここでこんなにあっさりと、
死んでしまうというのは、ちょっと予想外ではありました。
これだけのインテルのプロが集まっていたのにもかかわらず、
警備員の手榴弾をかわすことができなかったのも、説得力がなかった。

また、前回も書きましたが、結局オリヴィアがどうしてここまでして、
マイケルを落とそうとしているのかが、よくわかりませんでした。
結局、カードもオリヴィアも、汚れていたっていうだけの説明?
なんだか中途半端というか、やはり消化不良だったように感じます。
命の危険をもって、オリヴィアを脅すというのは、
この状況において、他にやりようがなかったのだろうというのはわかりますが、
ずいぶんとあっさりということを聞いたなとも思います。
なぜ彼女は誰か別人に電話をかけなかったんでしょうか。
あるいは本当にかけていたとしても、脅されていたという言い訳はしなかったのか。
その辺は結局、うやむやに終わってしまった感じでした。

サムが一命を取り留めたのは本当にうれしいし、
みんなが無事助かったのもよかったと思うけれど、
せっかくのシーズンフィナーレ、しかも最後のシーズンを前にしての、
フィナーレだったのだから、もう少し丁寧に作りこんでほしかったというのが本音です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。