スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャンダル 託された秘密2 第19話 752

Scandal 2
#19 Seven Fifty-Two


オリヴィアの容態は安定していたが、グラント大統領はそのそばを離れようとしない。
彼の横暴なやり方に、オリヴィアはもう我慢できないとグラントに食って掛かる。
ハリソンはオリヴィアが病院にいるということを知り、駆けつけるのだが、
シークレットサービスが病院に張り付いており、病室に行くことができず、
帰ろうとしたところで、クインから聞いていた、ハックを襲ったと思われる男が、
そこにいるのに気づき追いかけるが、逃げられてしまう。
一方、倉庫から帰ってきたハックは、ただ「752」と繰り返すばかりで…。

ハックって、登場したときから謎が多くて、不思議なキャラでしたが、
まさか子供までいたとは思わず、びっくりでした!
すでにドラマの最初では完全なソロとなっていたので、
恋人がいたり、子供がいたりというのは思ってもいませんでしたし、
彼が生活を営んでいるときに見せていた素顔が、
あまりにも普通で、彼も被害者だったと思わずにはいられませんでした。

戦地から戻ってきて、恋人を喜ばせるためにおどける様子や、
赤ちゃんを幸せそうに抱き上げる姿など、なんだか見ていて切なくて、
彼が壊されていくのは、すごくつらかった。
ハックとリヴは闇の中で生きる同士ということなんでしょうか。
彼を立ち上がらせることができるのは、同士のリヴだけということなのでしょう。
粉々になりそうな自分を支えてていたのは、幸せな息子との記憶。
ハックが本当に立ち上がれるときが、早くくるといいなと思います。

ジェイクがハックと同じCIAの部隊の出身だというのは、
割とすんなり入ってくる設定でしたが、フィッツはそのことを知らずに、
自分の用事を言いつけてるってことですね。
たとえ最高司令官といえども、こういった組織においては、
部隊の上官の命令が優先する。果たしてこの結末はどう訪れるのか。

フィッツとリヴの不毛な関係がまたもや復活。
このドラマ、おもしろいし好きなんですが、これだけは本当に勘弁だ。
この二人の爛れた関係だけ見てると、なんでお互いがそこまで好きなのかも
正直言ってよくわからないし、こういう人に命を預けるというのが、
怖くて仕方ありません。もうちょっと違う描き方ができれば、
感情移入もできたのかもしれないのですが、二人ともめんどくさい人間の見本というか、
見ててイライラするんですよね…。メリーが怒るのも仕方ないかと。

関係ないですが、ハックの所属していた組織の名前ですが、
字幕ではB613と書いてあったのですが、役者さんはB615といってましたよね。
これ、役者さんが台詞を間違えたんだろうか。ちょっと気になりました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。