スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUITS/スーツ2 第14話 パートナーの逆襲

Suits 2 #14 He's Back



フォルサム食品の訴訟を外注したハードマンは、原告の証言録取で、
ピアソン事務所を訴えると言い出す。原告はハードマンの不倫相手のモニカで、
性差別を原因とした不当解雇の訴えで、フォルサム食品の訴訟と重なるため、
事務所にとっては大きな打撃となる。ハードマンを解任した際に、
ジェシカがサインした秘密保持契約があるため、不倫のことを公にできないため、
不当解雇ではないという理由をうまく示すことができない。
証言録取の内容を確認したマイクは、自分の作った訴状が原因で、
ハーヴィーやジェシカが窮地に陥っていると知り、モニカに会いにいくのだが…。

ハードマンもよくよくここまでやりますね。
5年前も、今回も、恨み骨髄なんでしょうか。
自分は変わったのだといい続けていたハードマンですが、
こういうねちねちしたやり方を見ている限り、到底そうは思えない。

モニカはどうしてハードマンと不倫なんてしてたんでしょうね?
彼女もこういうことをする人だから、似たもの同士なのかな。
こういう汚いことをする人に魅力を感じるというのは、
あまり考えられないのですが、やっぱりお金と権力ってことかな。

セクハラなんて言い出されてしまったルイスはかわいそうでした。
まあね。ルイスも大概好かれていないのはもちろんわかってますが、
これはちょっと言いがかりだし。彼がモニカのことを、
本当に好きだったのは事実なので、余計に気の毒でした。
それをわかっていたからこそ、今までの遺恨も関係なく、
お酒をハーヴィーも酌み交わしたのでしょう。
ハーヴィーだってルイスのことはよくわかっていますものね。

レイチェルのお父さん、こんな形で参戦してきちゃうのか。
ハードマンの話をかなり聞いてるってことですよね。
この争いは、間違いなく泥沼になる予感。

レイチェルはハーヴァードへのアプリケーションを提出。
あそこまで自信満々に小論文のことをいっていると、
逆に落とされてしまうのではないかと心配になってしまう。
うまくいってほしいと思うけれど、彼女がいなくなってしまうのは寂しいし、
そうはならないのではという気がするので、余計に結果がどうなるのか、
気になるところですね。これもシーズンフィナーレにかかわってくるのか。
あと2話です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。