スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライベート・プラクティス6 第1話 胸騒ぎの一日

Private Practice 6 
#1 Aftershock


ヴァイオレットはアルコール依存症のエド(アレックス・ロッコ)の、
娘のデブラ(ジリアン・バック)との23年ぶりの再会に力を貸す。
現れたデブラは妊娠しており、自分を長年省みなかった父親のエドに、
怒りをぶつけるのだが、興奮しすぎて破水してしまう。アディソンが診察し、
とりあえずは大丈夫だとわかり、セントアンブローズのジェイクへと引き継ぐことに。
娘を心配して、アンブローズへ向かったエドだが、サムとでくわしたときに、
心臓発作を起こして倒れてしまう。そんな中、ヴァイオレットは法廷に、
ピートの予備審問のために出かけるのだが、法廷に彼は現れず、
逮捕状が発行される…。

まさかのシーズンプレミアでのアクシデントに、ちょっとびっくり。
予習をしていなかったので、ピートの中の人が降板するのは知らず、
いきなりこんな始まりかたって。ヴァイオレットがひとり、
呆然として座っていたシーンは、本当にショックでした。
大切な人の死って、あまりにも突然で、それこそ病気とかで、
長いこと臥せっていたのならともかく、こういう事故での死というのは、
自分の中でそれを消化できるようになるまで時間がかかる。
場合によっては、いつまでも消化できない。まだルーカスが小さいのに、
これからヴァイオレットはどうするのだろうか。

逆に幸せ満開なのがアディソン。ずっとほしがっていた赤ちゃんもいて、
素敵な恋人がいて、仕事も順調。ジェイクのことが好きで、
まるで中学生か、高校生の初恋のような反応を示しているらしいですが、
これだけ大人になって、そういうふうに思える相手に出会えたのは、
とても幸せなことですよね。お互いの思いを再確認した二人は、
同居を始めることに。新しい一歩ですね。

シャーロットのこともまた、言葉が単純ですがうれしいサプライズ。
しかし、まさか三つ子とはね~。医者のカップルですから、
お金はあるし、手伝ってくれる人を探せばいいからいいですけど、
三つ子は大変だなぁ。友達で双子を産んだ子はいるんですけど、
二人でも十分に大変そうでしたからね。三人ともなると…。
両親だけでは腕が足りない。がんばれ。

アメリアは断薬から1年。子供のこともあってつらかっただろうに、
よくここまでがんばったなと思います。シェルダンとはどうなってるんだろう。
シェルダンは前の奥さんと不思議な関係を続けているようですが、
この二人の信頼関係は、これからなんらかの発展を見るのだろうか。
サムは看護師と付き合っているようですが、彼女はともかく、
彼はあまり夢中ではないみたい。リバウンドの関係ってうまくいかないから、
これはそう遠くないうちに壊れそうだ。

ファイナルシーズンは短いので、アディソンたちとのお付き合いはあと少し。
少しでもみんなが幸せになれる結末だといいなと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。