スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル4 第7話 サヨナラの儀式

Drop Dead Diva 4 #7 Crushed

オーウェンからの連絡がないまま時間が過ぎていくことを受け入れられないジェーン。
みんなに心配されても、話を聞こうとしない。そんな中、ジェーンの母、
エレーンがアパートを訪れ、昔ジェーンがベビーシッターをしていた少女、
クロエ(メアリー・マウザー)が殺人罪で起訴されているため、
助けてほしいと頼む。クロエは水泳部のエースで、同じ部のライバル、
ブリトニーをプールサイドで殴りつけて殺したという容疑をかけられていた。
一方、事務所にはパーカーのロースクール時代の知り合いである、
ジーナ(メッチェン・アミック)が事務所の投資家として招かれる…。

本当にこれでオーウェンのことは終り?
それはあまりにもひどい気がします。ミネアポリスにいるという元カノですが、
その顔も見えない彼女以外にも、大勢の人間がミネアポリスには住んでるわけで、
それだけで有罪というのは、弁護士の言い分とは思えない。
話もできない状態になってることだってありえるし、
もし事故にあっていたら? いろいろなケースが考えられますよね。
まだ状況証拠だけの状態ではないのかな。

しかし、それよりもつらかったのは、BOPのレイシーこと、
メアリー・マウザー演じるクロエの事件。
彼女が非常にはっきりしていたので、無実だというのはわかっていたんだけど、
こんな結末はあまりに悲しすぎました。クロエのお母さん、
ペグ(ジュリア・キャンペル)が、消えてしまったという父親を、
手にかけてしまったのではというのはなんとなく想像がついていたのですが、
こちらの事件の犯人だったというのは、わかりませんでした。

このお母さんは、よかれと思ってブリトニーと話をしたのでしょうが、
真面目さが裏目に出てしまったのでしょうね。ほしいものを手に入れるためなら、
嘘をついても平気で何も感じないような、腐った心の持ち主に、
常識をといても無駄な話で、それがこんな結末になってしまうなんて。
結局姉妹は父親を失い、母親を失い、お互いしかおらず、
こんなつらい思いをすることになってしまった。
クロエとミシェルが部屋で抱き合っているシーンは涙を誘いました。
姉妹が少しでも早く立ち直れるといいですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。