スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル4 第13話 ジェーンの結婚式

Drop Dead Diva 4 #13 Jane's Getting Married

ジェーンとオーウェンの結婚式が迫り、ジェーンはステイシーと準備に余念がない。
そこへジェーンの母親のエレインがやってくるのだが、ジェーンは冷たくしてしまう。
それを天国で見ていた、デビーが中に入る前の本物のジェーンは、
自分も地上に降りることを決意する。そんな中、キムは人気歌手、
ペイジ・マクブライド(チェルシー・ケイン)を弁護することになる。
ペイジの昔の恋人ロジャー(ブライアン・エイムス)が交通事故にあったのは、
彼女の歌の歌詞に共感したファンが、歌詞の通りに車のブレーキオイルを抜いたからで、
その責任はペイジにあるというのだが…。

こうきましたか…。
なぜジェーンの幸せをクリエイターは遠ざけてしまうのか。

このシーズン、ジェーンがデビーとしてではなく、ジェーン自身として、
自分と向き合うというのがテーマだったように思います。
彼女はデビーとして過ごした時間のほうが長かったわけですから、
当然にそう簡単には区切りを付けることはできない。それでも少しずつ、
新しい自分を受け入れられるようになってきていたと思います。
やっと少しずつ、「前に進む」ことができはじめていたところに、
振り出しに戻るようなアクシデントが。

これまでずっと、ルークはもしグレイソンと一緒になるのであれば、
彼がジェーン自身を愛するようにならなければダメだといってきましたが、
今回のグレイソンの告白は、果たしてそのケースに当たるのか?
S3のフィナーレで、ステイシーがジェーンとデビーのことを言わなかったら、
そもそもここまで気持ちが高まることがあったのだろうか。
そう思うと、やっぱりこれは、ちょっと違うのかなという気がします。
もちろん、彼女のエネルギーであったり、心の温かさに、
グレイソンが惹かれたのは嘘ではないと思うけれど、
そこにはジェーン=デビーの可能性が見えたというのもあったように思える。

しかし、心臓を悪くしたということになってから、かなりジェーンは神経質に、
オーウェンのことを気にしていましたが、こんな形で彼を卒倒させてしまうとは。
なんとも皮肉なものだ。そしてあの見せ方、ジェーンの本物が、
オーウェンの中に入ってしまったという設定になるのでしょうか?
でも、もしそうだとしたら、オーウェンは死んだということですよね。
そうなってしまうと、本物のオーウェンはもう戻ってこれない?
なんだかますます混乱してしまいそう。そこについては次のシーズンで、
どうなのかを待てというところ。

そしてキムとパーカー。
やっぱりパーカーの子だったんですね。よかった。
あの二人のことですから、ここでそう簡単にことがスムーズに進むとは思えませんが、
それでもまずの第一歩ではないでしょうか。

次のシーズンの放映は、また今年の秋ころになるのかな。
このあとは「ナース・ジャッキー」。そしてそろそろ「ニュースルーム」も
放映されるのではないかと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。