スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライベート・プラクティス6 第8話 三つ子ダイアリー

Private Practice 6 
#8 Life Support


三つ子を妊娠して、少しずつおなかが大きくなってくるシャーロット。
子供たちの誕生が待ちきれず、クーパーは毎日シャーロットのおなかに話しかける。
まだピートの死を乗り越えられない親友のヴァイオレットからは、
毎日悩みを相談されるが、子供たちとシャーロットのことで頭が一杯のクーパーは、
あまり話を聞いてあげられずにいた。定期的にアディソンの診察を受け、
超音波検査に同行するクーパーだが…。

さすがに三人も入ってると、めちゃめちゃおなか大きいですね。
おなかを出してベッドで寝ているシャーロットが映っていましたが、
もう本当にぱんぱんで、子供たちもおなかの中で、
場所を取り合っているのだろうなぁ。私の昔の会社の友達で、
双子を産んだ女の子がいるのですが、彼女が言っていたことを思い出します。
だんだんおなかが重くなってくるので、横向きに寝るようになるそうですが、
そうすると、下になっているほうの子がおなかの中で、
重たい、重たいってばたばたしているのがわかるんですって。
あのおなかでは、間違いなく同じことが起きていると思われる。

最初はあれほどに抵抗していたシャーロットですが、
月日が進むにつれ、やはり赤ちゃんへの愛情が強くなってきて、
先に生まれてしまった子を思って、涙を流す姿にはこちらももらい泣き。
あんなに小さな姿で、それでもがんばって命にしがみついてる姿は、
本当に切ない。早く少しでも元気になってくれるといいのだけれど、
こればかりは時間がたつのを待つしかない。

メイソンが珍しく、自分よりも三つ子のほうが大切になるのかと、
心配している姿もいじらしかったです。この子は本当に宝ですよね。
三つ子は全員女の子なので、一緒にあまり遊べなくて、
ちょっとつまらないかもしれないけど、きっとやさしいお兄ちゃんになることでしょう。

いろいろあったけど、この二人がたくさんの困難を乗り越えて、
結婚して、メイソンという家族を持ち、今改めて、
新しい家族を迎えようとしているのは、なんとも感慨深い。
とにかく母子ともに無事で、乗り越えられるといいのだけれど、どうなることだろう。
おなかに残っている子供たちはまだしも、生まれてきた長女だけは、
彼女の生命力を信じるしかない。家族が待っているから、どうかがんばって!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。