スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライベート・プラクティス6 第10話 ベッドからの眺め

Private Practice 6 
#10 Georgia on My Mind


三つ子のうちの一人が早く生まれてきたせいで、他の二人を胎内にとどめるため、
頭を下にした体勢のまま、48時間安静ですごすことになる。
身動きもできず、頭痛がひどいせいで、シャーロットはイライラしっぱなしで、
看護師たちに八つ当たりをしまくる。すでに生まれてきた長女は名前がまだ決まらず、
クーパーは彼女に付きっ切りで、メイソンの面倒を見切れないでいた。
いったんは呼吸器が外れ、順調に回復していると思われた長女だが、
ウィルス性の肺炎にかかっていることがわかり、また呼吸器をつけることに。
そんな中、シャーロットは病院にお見舞いに来たメイソンの腕に、
かまれた傷があるのに気づく…。

いろいろな種類のダンスシーンが今回は見所でしたね。
鍛えられた背中がすっきりしていてきれいだったのですが、思っていたよりもサイズが…。
数年前より少し、彼女大きくなったような気がします。もちろん相変わらず美人で、大好きですが。
そして一人が出たのに、シャーロットのおなかは大きくて、大変そうでした。

クーパーとシャーロットのカップルは、典型的というか、
メイソンに対するやり方が、しっかりしたお母さんと、
甘いお父さんという感じで、もうすっかり本当の家族ですね。
とてもつらい思いをしたメイソンだから、こうして愛する家族と一緒に、
新しい家族の一員(三員だけど)を迎えられるようになったのは、
心からよかったと思う。クリスマスツリーのシーンは本当に暖かくて、
ほっとしました。

シャーロットのメイソンへの接し方は、本当に素晴らしいと思います。
エリカが彼をきちんと育ててきてたというのもあるのですが、
メイソンは物事の善悪をきちんと見ることができるし、
ある意味大人な視点も持っているのだけれど、それでもやっぱりまだ子供。
こうやって叱ってくれる大人が必要ですよね。
最終的には彼も、ちゃんとそこを受け入れることができて、
喧嘩をした子とも仲直りをできたようでよかった。
もうすぐまた家族みんなでおうちに帰れるようになるよ!

もうひとつのおまけがステファニー。
このシーズンで初めてお目見えした彼女ですが、辛抱強くて愛情深い、
素敵な女性だと思います。最初に出てきたときの二人の関係は、
サムの腰が引けていて、彼女が夢中と言う感じだったのに加え、
あまり彼女の人となりが見えるエピソードが用意されていなかったので、
アディソン後のリハビリ/リバウンド相手だと思っていたのですが、
彼女のいいところが見えた途端に、サムが振られるという展開。
でも、別れてやっと、彼女の本当の真価がわかったようで、
二人が無事、元鞘に戻ってよかったです。

さて、いよいよシャーロットの赤ちゃんがお目見え…のはずなのですが、
次回はアメリアのストーリーのようなので、まだ出てこないかな?
つらいときを超えて立ち直ったアメリア。彼女も幸せになってほしい。
素敵な結末が訪れることを祈っています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。