スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナース・ジャッキー5 第8話 ジャッキーの娘

Nurse Jackie 5 #8 Forget It

ジャッキーとフランクの関係は少しずつ進み、ジャッキーの家でいちゃついていると、
突然ケヴィンが家に入ってきて、ジャッキーは混乱して怒鳴りつけてしまう。
ケヴィンに言っている言葉を聞いたフランクは、彼女が嘘をついていると知り、
そのことについて気になったと後日ジャッキーに告げる。
ジャッキーが落ち込んでいるのに気づいたゾーイは、リハビリを短縮しようとすると、
その影響が出るのだとジャッキーを諭す。一方病院では、ローマンがクーパーについて、
診断を学ぼうとするのだが、咳の止まらない患者が来たときに、
その診断でプレンティスとクーパーの意見が対立し…。

予告を見たとき、ケヴィンがフランクに対して、何か言ったのかと思いました。
そういうわけではなかったんですね。それでも二人が少しずつ、
お互いに対する気持ちを暖めていく様子は、見ていてほっとする。
うまくいくといいなと心から思うし、ジャッキーにはその価値があると思う。

ゾーイは本当にここ最近の成長が目覚しくて、見ていて楽しい。
彼女がリハビリのことでジャッキーに言ったのを受けて、
ジャッキーが依存症のミーティングにいって発言したのは、
なかなかおもしろかった。それってつまり、ジャッキーもきちんと、
ゾーイの成長を認めており、彼女の言葉に信を置いているということだ。
あの場で否定はしたものの、彼女はそれでも行動を起こす。
前のシーズンからずっと、険悪だったケヴィンとの間だが、
彼女の心からの言葉がやっと彼に伝わったようだ。

一方で心配だったのがグレース。小さい頃から神経質なところがあり、
いろいろと問題を抱えた子だったと思うけれど、
ついに薬にまで手を出してしまうとは。ジャッキーの娘。
そういうことなんでしょうか? ただ、ジャッキーはやはり大人で、
頭のいい女性で、少なくともやらなければいけないことはやった上で、
そういうことになっていたと思うのですが、14歳の若さでこれは、
本当に心配だ。ダニーって別にカッコいいわけでもないし、
なんでああいう子に惹かれてしまうのか。それはただ単に、
親にダメだといわれたからなのか。これがまた、ジャッキーとケヴィンの間にも、
溝を作ってしまいそうだ。

ローマンはまた。気胸の手当てをしたことで医療に目覚めるのかと思いきや、
相変わらず色を振りまくのは変わらず。プレンティスはハードコアなので、
彼女みたいなタイプにそんなに興味はないのではと思っていたのだが、
やはり男ってことなのでしょうか。あの穴埋めゲームのところでは、
ゾーイとプレンティスの間に、ちょっと不思議な空気が流れていたので、
あれ、そういうふうに進むのか? と思いきや。
クーパーとプレンティスの角あわせはまだ続くようなので、
こちらの動向も気になりますね。アカライタスの件はほっと一安心です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。