スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースルーム2 第5話 ニュースナイトの裏側

The Newsroom 2 #5 News Night With Will McAvoy

いつもと同じ、ニュースナイトの番組が始まる。ところが番組が始まってすぐに、
ウィルの携帯に父親からの着信がある。確認をしたところ、
ウィルの父が心臓発作で倒れ、彼を救急車に乗せてくれた人が、
わざわざ連絡をしてきてくれたのだという。それを知ったマッケンジーは、
番組中でもかまわないので、とにかく父親に連絡をするように言う。
一方、スローンは短期間付き合っていたアナリストの男のために、
裸でポーズした写真を、リベンジポルノというサイトに載せられてしまい、
そのことが原因で、社長のリースから責め立てられる…。

やるせない一日。
たとえいやなことが続いても、つらいことがあっても、
大人は涙を呑んで進まなければならないときがある。
駄々をこねて、閉じこもっていられたらどんないいかと思うけど、
それができないし、やってはいけないのが大人になるということ。

スローンはなんというか、災難だったと思います。
ドンじゃないけど、彼女は美人で頭もよくて、性格もいいのに、
どうしてこんな男と付き合ってしまったのだろう。
もちろんそんな男だとは思っていなかったのは本当でしょうけど、
どんな男であれ、恋人のプライベートの写真を撮りたがる時点で、
私的には却下です。撮ろうとした、撮りたがったというだけで、
別れるだけの理由になる。しかもこんなことをして、本当にクズだ。

スローン自身が思っていたよりも、早く彼女は立ち直ることができて、
前に進むことができたようなので、少しは安心しましたが、
ああやってあのクズを殴りにいったことがまたネットに出て、
問題になったり、あるいはあのクズが訴えたりしないかと、
ちょっと心配だったりはするのですが、大丈夫なのかな。
まあ、それって男として、人間として、どれだけ自分が下種なのかを、
さらに世間に知らしめることになるので、やらない可能性もありますが。

タイラーの事件で出てきたジェシー(ジェームス・ハムリック)。
この子も自覚もなければ、信念もない、ただ単に騒がれたり屋というか、
話題になりたいだけの人でした。周りを利用して、
自分の注目度を集めて、一体何がしたかったんでしょうか。
本来ならば崇高であるべきはずのお題目が薄汚れて見えるのは、
そこに彼の欲が透けて見えるから。彼はニュースナイトに出られなかったのを、
自分本位に理屈をつけて、文句を言うでしょうが、
どれだけの人が彼の話を聞くのでしょうか。これで目が覚めたのならいいのですが。

ウィルのお父さんのことは、本当に残念でした。
ほんの一瞬が人生を分けてしまうことがあって、それに後悔は尽きない。
もちろんウィルが先に電話をしていたからといって、
結果は変わらなかったことですが、心が違いますよね。
彼の気持ちが少しでも慰められるといいなと思います。

ジェノア作戦のことが、いよいよ嫌な雲行きを見せている。
チャーリーのところにこうしてやってくるなんて、あまりよくは思えない。
かかるところから圧力をかけようとしているように見える。
果たしてこれは真実なのか、ウソなのか。
そしてついにエアに乗るときが来る。そこで霧は晴れるのか。

マギーの傷は、想像以上に深いようで、アフリカから戻ってきて、
半年以上たった今も、まだ彼女は立ち直れていない様子。
これだけの時間がたっても、まだリサは許してくれない。
ジムとの間のわだかまりも解けない。まるで八方塞で、
アフリカで彼女が抱えてきた、「こんなことがあっていいのか。
こんなことが許されていいのか」という気持ちが、ミスを誘う。
質問者が不審者の人種を確認したのに答え、
ジマーマンが「黒人のようだ」と答えたという事実が、
彼女が911テープを編集した際に、消えてしまった。そこにマギーの抱える、
言葉にできない正義への怒りが影を落としたのかどうかは、誰にもわからない。
でも、ニュースとしての公平性を欠いた、大きな黒星となってしまった。

今日の失敗は明日取り返す。
ミスはしないに越したことはないけれど、人間である以上、
誰にでもミスは起こる。それを取り返しにいくのが大人の責任。
ジェノアに見える黒い霧がどんな結果をもたらすのか。
それはまた次回に持越しです。

ところで、前回の予告に、マギーが髪を切ってるシーンがありましたが、
違う回の予告と間違えたんですかね?
前にも「プロジェクト・ランウェイ」で同じようなことがあったけど、
気をつけてほしいなと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。