スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命医ハンク5 第6話 厄介の虫

Royal Pains 5 #6 Can of Worms

ハンクはボリスと相談を進めながら、ミロシュ逮捕をするために、
偽の臨床試験を行っているかのようなサイトの立ち上げをする。
ディミトリが殺された今、危険度が高いと考えたハンクは、
エヴァンには内緒でことを進めていたのだが、電話で話している会話を聞かれてしまい、
結局何が起きているのかを説明することに。選挙活動にいそしむエヴァンは、
選挙演説をしている最中に、怒鳴り込んできた男性、
パット(マイケル・チャーナス)に強風で飛んできたパラソルが刺さり、
大惨事となってしまう…。

うーん、ここでも突き刺し事件が。
いきなり風であおられたパラソルが腹部に刺さるとか、
もう日常生活のホラーです。ただ、こんなことがあったお陰で、
隠れていた病気がわかったなんて、本当にラッキーだったわけですが、
こんな目に遭わずにわかるのが一番ですよね。
でも、こんなふうに最初は文句をつけていたのに、きちんと話を聞いて、
最終的にサポートをしてくれるなんて、本当にアメリカっぽい。
なんだかんだいいながらも、結局将軍の覚えもめでたくなったし、
これで選挙に当選したら、エヴァンは順風満帆なのでは。
だけどそうなったら、ハンクメドの仕事があまりできなくなる?

ディヴィヤのお隣さんの坊やのうちのカビ騒ぎはきついですね。
日本でも今、そんな季節だもんなぁー。
最近、このカビが原因の病気についてもネットで読んだばかりだし、
なんだか他人事には思えず。私の家はそんなになってないとは思うのですが、
浴室はやっぱり結構じめじめしていて、浴槽が床とくっついていないタイプなので、
浴槽の下の床の手が届かないところには、相当カビが生えていると思います。
でもどうにかできるわけでもないし…。
とりあえずは早期に原因がわかって、赤ちゃんにあまり影響がなさそうなので、
一安心です。ジェレマイアの家に一時的とはいえ引っ越すことになるようで、
ここでジェレマイアががんばれるかどうか?!

ミニー(ペリー・リーヴス)の病気について。
鬼トレーナーのトッド(マイケル・ローク)はいいですか?
こんな支配的な人、私だったらいやなんですけど。
悪気はないというのは後々わかりましたけど、何を食べても、
何を飲んでもいちいちけちをつけられては、人生が楽しくない。
そりゃあ健康でいることは大切なことですし、体型にしたって、
しまったきれいな体型でいるのはすばらしいことだとは思いますが、
そのためにおいしいものも食べられないのなら、意味がない。
病気になったりしないように、ある程度の節制はもちろんしますが、
それを超えた異常な統制まではしたくないです。
とにかく病気は治りそうでよかったですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。