スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋するインターン 第10話 恋の臨床試験

Emily Owens M.D.
#10 Emily and... the Social Experiment


エミリーはバーでのブラインドデートでのウィルの様子が、
まるで嫉妬のように思えて、なんだか落ち着かない。ウィルの気持ちを確かめるため、
男性に気のあるようなふりをしようとしてみようとするのだが、
相手はゲイだとわかり、うまくいかない。病院には以前病院の医師だった、
アキノ(JRラミレス)がやってきて、外科に戻りたいという話をする。
そんな中、エミリーはバンダーリに新しい患者の担当を任されることになり、
占いが得意なデュロー夫人(メリリン・ガン)と話をするのだが…。

結婚してたんですか!?
エミリー、驚きすぎ(笑)。いや、わかるけど。
確かにバンダーリ、まったくもって、これっぽっちも生活感がないし、
そもそも彼女自身が男みたいなものなので、男がいたってことにも、
かなり違和感ありありなわけですが、本人を目の前にして、
そこまであからさまに驚くのはさすがに失礼かと。
でも、それに対してクールに、
都市伝説でしょ。
と返すカサンドラにも笑わせてもらいました。
まあ、これがあの病院みんなのバンダーリ評ってことでしょうね。
彼女にもこれから、もう少し人間らしい顔が見えてくるのか…。

デュロー夫人のくだりは、彼女が本当に死んでしまうのではないかと、
本気で心配しました。息子くんが暴言を吐いて去っていったとき、
これでお母さんが本当に死んでしまったら、
最後に交わした言葉が、怒りに任せた言葉だったことを、
一生悔やむことになると、もう、そこまで勝手に想像して、
涙が滲んでくる始末です。でも、フラグをぶち壊して、
無事生き残ってくれて、本当によかったですよ。
だって、あまりにもつらすぎるもの。

のう胞性繊維症のヘンリー(ブレット・ダイアー)のケースもつらかった。
カサンドラの取った行動がご両親にしみたのは、
それが彼女の心から出た言葉だったからですよね。
病院ってこういう空間だから、こういう救われないことも多くあるのだろうけど、
それでもつらいですね。もちろん救われる命も多くあって、
だからこそ、医者は気持ちを保っていられるのでしょうけど、
本当に大変な仕事だろうなと思います。私だったら精神的にもつかどうか。
少しでも患者さんにとって、そしてその家族にとって、
心の支えになれる病院や、医師でいてくれるといいなと思います。

ところでずーっとエミリー役のメイミーが誰に似ているかと考えていましたが、
国生さゆりか?! そうなのか?!
くしゃっと笑ったときの顔とか、似ている気がするんですけど、どうですかね。
白人の女優さんかなぁと思って、考えていたのですが、
国生さゆりにも似ているような気がしなくもなくもないかもしれない。
他にもこの人に似てるのではっていう候補があれば、教えてほしいです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。