スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Major Crimes 重大犯罪課2 第18話 差出人

Major Crimes 2
#18 Return To Sender


ラスティのおとり作戦が始まり、公園でチェスをする毎日が始まる。シャロンは気に掛けるも、
毎日は無事に過ぎていく。一方、ストローの代わりに脅迫状を送ってきていた男、
ビリー(アウグスタス・プリュー)は、ストローからのメッセージを持ってきた男たちを、
ナイフで同じ手口を使って殺し、見つかるところにわざと捨てていた。
見つかった遺体の特徴を覚えていたモラレス医師がそのことを指摘したことで、
重犯罪課は被害者たちの共通点を探ることに。そんな中、ストローの手先のビリーは、
公園でチェスをプレイしているラスティの前に姿を現す…。

ラスティ、無事でよかったよ(涙)。
ラスティが危ないと分かった瞬間に、自らの身の危険も顧みずに飛び出していったシャロン。
どうにか無事でしたが、恐怖に崩れるように、シャロンに抱き着いた姿を見て、また号泣ですよ。
このドラマを見て、こんなに泣いてばかりいるのって、私だけなんだろうか。
もうシャロンママとラスティ坊やの心の交流に泣かされっぱなしです。

シャロンがいうことをきいてくれるならよかったと言い出して、スーツケースを出した時、
まさかラスティを寄宿学校にいれるの?! と、ショックを受けていたんですが、
おじいちゃん(プロベンザ)の家にお泊りでしたか(笑)。
こういうの、本当は一番嫌いそうなプロちゃんなのに、孫の訪れはうれしいらしい。
うちにくるんだっていったときの、プロちゃんの笑顔がかわいくてたまりませんでした。
どこかにやられるの?って、怖い顔をしていたラスティの表情が、
その話を聞いて少し和らいで、でも混乱した顔をしていて、このシーンでは、
役者さんたち全員の演技が素晴らしかったです。

しかしじいちゃんの家に泊まるのかー。
悪いことを教えそうで心配なのだが。そこにもしフリオまでいようものなら。
アンディまでいようものなら。今はシャロンと暮らしているから、
道徳的にもいい環境だけど、じいちゃんの家、楽しそうだけどどうかなー。

今回、久しぶりにどきどきする展開でした。
刑事ものって大抵は終わった事件を追いかけていくものなので、
こういうふうにオンゴーイングで、しかも大事な子が危険ともなると、
本当にドキドキします。ましてラスティは視聴者みんなの息子(or 孫)だから(笑)。

急展開で裁判を開始することになったとのこと。
早くも来週はシーズンフィナーレなんですよね…。どうなるのかな。
まだ終わってないのに、S3の放映が待ちきれません。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

major crimes

こんにちは。初めてコメント致します。最近になってやっとMajor Crimes シーズン2まで見終わり、シャロンとラスティの演技に心震えてあちこち検索し、こちらの素晴らしいブログにたどり着きました!一話ずつレビュー読みながら涙です。こんなにも人物をすくいあげて読み取るなんてスゴイ!シーズン3もぜひ記事にしていただきたいです。
突然にすみませんでした。また楽しみにしています

ゆうさんへ

こんにちは。はじめまして。遊びに来てくださってありがとうございます。
私もこのMajor Crimesはとてもお気に入りのドラマで、S3が早く始まらないかなぁと待っているところです^^ ゆうさんもシャロンとラスティの温かい関係が好きなんですね! 私も義母(もしくはおばさん)として、ラスティをこれからも見守っていきたいと思っております。

Fox Crimeに番組が引っ越したので、S3の放映が先になるのかもしれませんが、これからもレビューしていきますので、ぜひお気軽に遊びに来てくださいね!
これからもよろしくお願いします^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。