スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー10 第3話 むなしい叫び

Grey's Anatomy 10 
#3 Everybody's Crying Mercy


ヘザーの死のあと、アレックスとクリスティーナの家にインターンたちは泊まり込む。
みんながいるせいで、ジョーとの関係が進まないことをからかわれ、
アレックスはイライラ。リチャードは意識を取り戻すものの、
回復が思わしくなく、チューブで栄養を取る治療法を提案するが、
リチャードが拒否したため、なかなか治療が進まない。
エイプリルとリアはバットが折れて胸に刺さってしまった女性、
キャスリーン(モリー・リーランド)の担当をすることに。意識を失う前、
夫の弟と浮気をしたと告白され…。

インターンの中でシェーンの成長がひとりだけ目覚ましい。
彼の中には、自分がヘザーの命を奪ったのだという重い十字架があって、
そのつらさはほかの子たちとはレベルが違うのは確かなんだけど、
そもそもの医療というものに対しての姿勢が違うように思います。
つらさに引き倒されたり、忘れることで苦しい現実を避けるのではなく、
真摯にその事実と向き合い、真実を静かに受け止めた。
彼がリチャードに対して、チューブのことを話した時のシーンは、
本当に素晴らしい場面で、彼の医師としての成長を存分に語っていた。
これからこの子は伸びるでしょうね。

友達とまではいかないまでも、きついインターン研修を一緒に1年過ごした仲間が、
この若さで亡くなって、まだたったの一週間。
それなのに、いくらその死に責任はないとは言えど、
ほかのインターン3人の冷たさというか、無関心さには言葉を失う。
これが生きてるってことだって言われればそうなのかもしれないけど、ちょっとね。
ヘザーも寝ていいっていうって…。言わないと思うけど。
やっとまともな恋人ができてうれしいのはわかるけど、極限状態でもないし、
欲求不満でセックスのことしか考えられない女に魅力は感じないです。
それよりも、ジョーという女が人間としてどうなのかと思ってしまう。
またアレックスはろくでもない女に引っかかってしまったのかという感じです。

意識を失う直前に、浮気の告白をしたキャスリーン。
これ、医者としてどうすればいいか、確かに迷いますよね。
そんなのは医者としての仕事の範疇じゃないし、それでも患者が亡くなれば、
正式じゃないまでも、遺言を残されたようなものになってしまうし。
こんなことを無責任に他人に話さないでくれっていうのが、
正直な気持ちでしょうね。でも最後にカリーが、
真実の代わりに夫を慰める言葉を言ったのは、人間として正解だったと思います。
だって、もし真実を告げてしまったら、妻が亡くなったというだけでつらいのに、
彼女を悼むことすらできなくなってしまう。世の中には、
墓場まで持って行ったほうがいい秘密というのも、あると思います。

しかしあの嵐の後、病院がいまだにすごいことになってるんですね。
オーウェンの言うとおり、きちんと病院として機能するためには、
設備も戻さなければならないし、そしてそのためのお金が必要。
身勝手なことを言われても、それで腐らずにきちんと現実を見せたオーウェンは、
いい仕事をしたと思います。次回はファンドレイジングパーティーで、
その資金集め。早く病院を元に戻せるといいのですが、
その場でもアクシデントが起きる様子。みんなが無事だといいですね。

おまけみたいになってしまいましたが、エイプリル、認定試験の合格おめでとう!
これで晴れて医師としての仕事も続けていけますね。がんばれ!

関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。