スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー10 第7話 スリラー

Grey's Anatomy 10 
#7 Thriller


ハロウィーン。メレディスは子供たちのためにパーティーを企画し、
病院でもハロウィーンの飾りつけなどでお祭り雰囲気が漂っていた。
アリゾナはさみしさに耐えきれず、リアに声をかけ、結局そのまま、
彼女と肉体関係を持ってしまう。リアはアリゾナへの気持ちが高まるも、
負担になりたくないという思いから、都合のいい女のふりをする。
病院には男に顔を食われたという男性が救急車で運び込まれる。
被害者のヴィクター(エリック・ラディン)は、2発も銃で撃たれたにもかかわらず、
死ななかった自分を噛んだ男をゾンビだと思い、恐れてばかり。
そのすぐあとに運ばれてきたゾンビ男は、治療を施そうとしていたリアが、
近づいた隙に彼女の首にかみつくのだが…。

アリゾナ…。
前回のラスト、リアにメールを送っているのを見て、よくないなと思ったが、
そのままこういうなし崩し的な関係になってしまうとは。
今、問題のもととなっているのが、自分がとったそういう行動だったということは、
彼女の中から抜け落ちちゃってるのかな。寂しいのはわかるけど、
これでは自制心というものがない、ただの身持ちの悪い女になってしまう。
リアに意外と純なところがあるのだなというのは、思わぬ発見ではありましたが、
この関係は、アリゾナが一方的にリアを利用してるようにしか見えない。
どうするのかなぁ、この二人。

病院が怖いという女性、マージ(メアリー・パット・グリーソン)。
私の母も病院が大嫌いなので、これは他人ごとではなかった。
いや、さすがにこんなことになる前には、病院に行くとは思うけど、
極力近づかないようにしようとするんですよね。でもそれって、
結局もっと怖い目に遭うだけのことなんだけど。
だが、このマージに対するメレディスの対応は素晴らしかったと思う。
彼女をしかるでもなく、やさしくサポートしながら、そっと寄り添う。
本当は早く治療したかっただろうと思うのだけど、患者のことを考えて、
一番基本だけど、大切なケアをしたのではないかなと思います。

シェーンはいまだにヘザーのゴーストに悩まされていますよね。
それでも、そこに一方的に負けることなく、真実を背にしながらも、
向き合って、誠実にいようとするシェーンの姿には、心打たれる。
今回の幽霊と思われたおばあさんとのやり取りは、本当に良かったです。
ヘザーの人となりって、彼女が生きてる時は大して見えなかったんだけど、
ここにきてクローズアップされてきた感じ。おもしろいものですね。

ハロウィーンを家族で祝うのだと、えらい張り切ってるベン、
何があったかなと思ったら、レジデントやめちゃったんですか。
これはよくないですよね。それまでに相談も何もなかったがために、
かなりミランダの反応が露骨だったので、これから問題となりそうですが、
自分の夢だといって飛び出していったのに、こういう中途半端な状態で戻られると、
つらかったから逃げ出したのかと、考えたくなってしまう。
この二人はきちんと話し合いをしたほうがよさそうですね。

クリスティーナとメレディスの関係はまだぎくしゃくしている。
お互いに歩み寄ろうとはしてるけど、完全には折れてないので、
どちらもどこまで自分が譲歩すればいいのかわからず、困ってるように見える。
そして相手が少し歩み寄ってきているのは見えるのだけど、
そこによっていって、ありがとう、ごめんねということができない。
なんだかまだまだ引きずりそうで心配です。

関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。