スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ10 第3話 クライアントは先輩デザイナー

Project Runway 10 
#3 Welcome Back (or Not) to the Runway


第三回、このシーズン初のグループワーク。
果たしてどんな波乱が待っているのか。

今回のテーマは、エミー賞のレッドカーペットのドレスを作ること。
レクサス協賛で、振り当てられたレクサスの色をイメージカラーとする。
そしてクライアントは、かつてのランウェイの参加者たち。
しかも優勝したデザイナーは、クライアントと一緒にエミーに同行できる。すごいな!

今回のゲスト審査員は女優のクリステン・リッター。
以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、マイケル⇒マ、クリステン⇒ク。

☆ヴェン(免)&ファビオ
クライアントはケンリー。
実力派で寡黙な二人なので、安泰なペアに見えますが、クライアントがケンリーじゃ、
いろいろうるさくて、めんどくさそうだ。
ネイビーのボートネックのワンピース。
かわいいデザインだと思うし、私は好きだけど、普通に見える。
これはレッドカーペットのドレスには見えないのだが。
マ:これはみんながレッドカーペットに来ていくような、そういうドレスとは違うな。だがこのドレスのいいところは、きみたちの美学を貫いているところだ

コーアン&ガンナー
クライアントはアイリーナ。
この二人の組み合わせはあんまりイメージつきません。
でもきつい性格のアイリーナがクライアントなので、苦労しそう。
白のロングドレス。シフォンのスカーフがアクセント。
私はこういうシンプルな服は結構好きです。
ハ:個人的にはとっても好きなドレスよ
マ:シルエットがアイリーナにぴったりだな
ニ:実際、あのドレスはとてもドラマチックだった

ドミートリ&メリッサ
クライアントはエイプリル。
エイプリルは髪の毛が紫になってた。普通にしてるほうがかわいいのにな。
シルバーのロングドレス。
なんだかだらだらした服だなー。首も腕も詰まってるせいで、軽やかさがないし、
スペシャル感が少ない。変な宇宙服みたいに見える。

ネイサン&ソンジー
クライアントはヴァレリー。
ヴァレリーだけはファイナリストじゃなかったね。どうやって選んだのかな。
ゴールドのスパンコールロングドレス。
派手さでいえば、この服が一番。色も相まって、とてもゴージャスに見えますね。
彼女の髪型やメイクをもっと華やかにすればもっとよかったのに。

バフィ&エレナ
クライアントはローラ。
エレナにはまったくもって協力しようという意思が見られない。
何よりも感じ悪いんだよなー。バフィがもっときつい性格だったら大ゲンカでしょ。
ハイネックとミニパフスリーブの黒いロングドレス。
なんだか妊娠した魔女みたいなデザインです。でももめていたプリーツは、
うまく処理してあるんじゃないかな。背中はハート形にあいていました。

クリストファー&アンドレア
クライアントはアーニャ。
アーニャが一番クライアントとしてやりやすい相手ではないでしょうか。
彼女は性格もいいし、センスもいいので、コラボしやすそうです。
ボートネックノースリーブのロングドレスでベルトにアクセント。
これは茶色ですかね? バックスタイルの縫い目が引きつれてる。
ニ:そのドレスはとても古臭いと思う
ク:まるでドラッグストアで売ってるハロウィンのコスチュームみたい
マ:安っぽいし、ありきたりだ

×ラウル&アリシア
クライアントはミラ。
メンズがメインで活躍してきたデザイナー二人ということで、ドレスは得意じゃない。
黒のホルターネックのロングドレスで、ベルトに赤でアクセント。
赤がメインカラーじゃなくてもよかったのかな?
ネックラインのドレープが違えば、もっとゴージャスになったんじゃないのかな。
ハ:退屈なの。すごく退屈。セクシーな部分がひとかけらもない
ニ:ミラの雰囲気じゃないのよね。普段のミラはとてもモダンなの

ヴェンは2週連続の優勝、おめでとうございます。
このワンピース、私はすごく好きでした。でもレッドカーペットの服には見えなかったので、
意外な優勝でした。でも、彼のデザインはいつもとても素敵ですね。
これからの作品にも期待がかかります。

この過去2回のチャレンジで、コーアンに対する(デザイン的な)不安と不満があり、
どうなのかなぁと思ってみていたのですが、彼は性格がいいのね。
いつもペアワークやグループワークの時って、ひとりひとりの性格が見えるのですが、
相手のいいところをそのまま受け入れて、そしてそれを称賛できるって、
人間として、素晴らしい資質だと思います。こういうクリエイティブな仕事だと、
余計に難しいことだと思うので、なおさらにそう思う。

デザイナーって、デザインしているときはひとりだろうけど、
服が世の中に出るまでに、一緒に働かなくてはならない人はたくさんいて、
その人たちとうまくやっていけること、彼らに好かれることというのは、
成功するために大切なこと。コーアンにはその資質があるということですよね。
トンデモデザインは控えめにして、頑張ってほしいと思います。

反対に、今回(も)目に余るなぁと思ったのはエレナの態度。
毎回、こういう周りの人すべてを下に見るタイプの人は出てきますが、
エレナがこのシーズンの筆頭になるのだろうか。
グループワークでは、これからも彼女が騒動を起こしそうです。

そして、アンドレアが失踪? きついコンペですから、これまでにも何人か、
途中で自ら脱落していくデザイナーは見ましたけど、
さすがに失踪した人はいなかった気がします。でも、このシーズン、
まだ全然きついところまで来ていないので、この時点で無理だというなら、
もう進みようがありません。早くどいたほうがいいのかも。

次回はデザイナーたちが次々と涙? どうなるのでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。