スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ10 第7話 第10シーズンを代表するドレス

Project Runway 10 
#7 Oh My Lord & Taylor


今回のテーマは、プロジェクト・ランウェイ記念すべきS10を代表するドレス。
カクテルドレスかイヴニングドレスで、ロード&テイラーのにあう服をデザインすること。
優勝したデザイナーの作品は、ロード&テイラーの戦艦店と、
オンラインショップで販売される。

今回のゲスト審査員は、ロード&テイラー社長のボニー・ブルックス。
以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、マイケル⇒マ、ボニー⇒ボ。

クリストファー・パリュ 24歳
ピンクベージュの半そでボディスに黒のロングスカート。
色の組み合わせは好きなのですが、いかんせんデザインが私的にはイマイチだ。
背中のあきは、生地が足りなくて切り取ったみたいに見えるんですが。
マ:セパレートに見えるイヴニングドレスという発想がいい。

ファビオ・コスタ 29歳
黒のアシンメトリーノースリーブドレス。
裾の流れ方がきれいで、バックスタイルのジッパーの使い方も好き。
とても抑制が効いていて、品のあるドレスだと思います。
ハ:すごく着回しのきくドレスだし、裾のちょっとした飾りもいいわね
マ:正直言うと、そのジッパーは感心しない。だが、カッティングやフィット感はいいし、上品にまとめ上げたきみの手腕は素晴らしい
ボ:まさにロード&テイラーのテイストにぴったり合ったドレスだと思う

エレナ・スリヴニャク 28歳
黒のノースリーブドレス。
はりのある生地のせいか、ちょっとレインコートっぽく見える。
正面はいいのですが、バックスタイルが私はあまり好きではありませんでした。
ハ:このドレスはかなり売れそうだと思う
ボ:エッジィだから、一部のカスタマー向けになってしまうかもしれないけど需要はあると思うわ

メリッサ・フライス 31歳
ブロンズ色のアシンメトリーのロングドレス。
ネックラインが立ててはいないけれど、この前の青いドレスと雰囲気が似てる。
色が好きです。メタリックな質感のせいで、モデルのスタイルが目立つ。
逆に、おなかの出ている女性とかが着たら、それも目立っちゃうんだろうな。
マ:この光る生地を使ったのは、こういうグラマラスな感じを出すのに賢い選択だった
ハ:素晴らしいドレスだわ。確実に目を引くと思う

ドミートリ・ショーロホフ 33歳
シルバーのノースリーブひざ丈ドレス。
非常にシンプルだけど、華やかさもあって、好きなデザインです。
生地を折り込んで作ったデザインがとても凝ってる。

ソンジー・ウィリアムズ 27歳
Uネックのタンクトップミニドレス。
かなりシンプルな作りですね。ウェスト部分のふりふりはないほうが好きです。

ヴェン・バドフー 28歳
いつものシグネチャーともいえる、バラの造形をかたどったデザインをいれた、
黒のミニドレス。
前回彼の人間性に疑問をさすようなやり取りはありましたが、
やはり彼のデザインは美しいんですよね。そしてヴェンが作ったってわかる。
高そうに見えるし、品もいい感じです。

アリシア・ハーデスティ 27歳
Vネックの黒いひざ丈ドレス。
襟を立てたデザインのせいか、少しカジュアルダウンして見える気がします。
ニ:人と違うものを目指したのはわかるわ。でもちょっと若さが足りないみたい
マ:残念ながらこのドレスはほとんど、なんというかまるで、フィールドホッケーのユニフォームのようだ

ガンナー・デサレージ 22歳
黒のシースルーを使ったミニドレス。
デザインは違うのに、なんかちょっとチャイナドレスっぽく見える。
少し安っぽい感じがしちゃうのはそのせいか。丈が短いのもあるかもしれない。
ニ:あまりにもありふれてるわ

今回はなんと、全員が合格という結果でした。
よかったと思うけど、でもそれってきっと、来週は二人落ちるってことでしょうか。
それはきついよなー。まあ、以前コーアンとアンドレアがいなくなった回、
一度に二人がいなくなったことがありますから、
次回二人落とさなくても、大丈夫なのかもしれませんがどうなるのかな。

そして、次回はまたグループワーク。
思った通り、またもめもめの様子。誰が残るのか、落ちるのか、
注目ですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。