スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー10 第11話 最初の一歩

Grey's Anatomy 10 
#11 Man on the Moon


3Dプリンターを使って作った門脈をメレディスは羊に移植手術を、
クリスティーナは血管を赤ちゃんに移植手術をすることに。
どちらも実験的なオペであるため、ビデオに撮影することになる。
エイプリルの結婚式が近づき、彼女の姉妹、3人がシアトルへやってくる。
だが、彼女たちの自分を軽く見た態度に、エイプリルはイライラ。
そんな中、病院にはジミーがジョーを訪ねてやってくる…。

月に降り立つ人間。
医療はまさにそんな感じですよね。
命を失った羊に対する、エドワーズの気持ちは尊いと思うし、
そういうふうに思えない人に、この道は歩んでほしくないと思うけれど、
メレディスの言うとおり、この死を無駄にしないためにも、
前に進むのだという強い気持ちが必要。
初のオペが失敗して、思った以上に冷静だったメレディスを見て、
彼女の大きな成長を感じました。

うまくいかなかったに見えたクリスティーナのオペが、
一転成功したのは、本当に良かった。なんといっても患者は赤ちゃんだし、
これでうまくいかなかったら、あまりにも切ない人生になってしまう。
3Dプリンターの本来使われるべき道というか、
正しい活用の仕方が、これでさらに拓けていくのかもしれない。

ただ、メレディスの言うとおり、あのシェーンの態度はよくなかった。
この前の時は、仕方なかったと思う。メレディスの言ってることも悪かったし、
どちらのほうが優先するかということを考えたとき、
やはりまだ実験の段階である研究よりも、生の患者が目の前にある、
クリスティーナのほうだったから。でも、今回のシェーンは、
自分の感情がそこに入ってしまっていたように思う。
患者への思い入れがあれば、それは当然のことなんだけど、
それ以外のものが入ってきてしまうと、難しいですよね。

エイプリルの結婚式が着々と近づいてきたけれど、本当にこれでいいのか。
ブチ切れるエイプリルはとてもかわいいので、
そこはちょっとおもしろく見させていただいたのですが、
いまだに私は、エイプリルはジャクソンと一緒になるべきという、
想いがどうしてもある。マシューはとてもいい人。
でも、エイプリルの相手ではないように思う。来週はいよいよ、
結婚式のようですが、果たしてどうなるのだろうか。

ミランダも大丈夫かな。
リチャードの言葉で、やっと治療薬を手にすることができるようになったけど、
ベンとの関係修復も残っているしね。元気のないミランダなんて、
本当に別人なので、早くいつもの彼女に戻ってほしいです。
しかし、あのついてまわってる人は「アダムス・ファミリー」に出てきそうな…。
そっちに気がいってしまう見た目のお方でした。

関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。