スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル5 第3話 指輪を外すとき

Drop Dead Diva 5 #3 Surrogates

ペーカリーの運営に追われるステイシーは、休みを取ることもできず、
疲労がたまるばかり。ビジネスウーマンのセミナーがあると知り、
相談に行くことを決意する。ジェーンは突然キムに呼ばれ、
新しい依頼人を取ることに。結婚式の2日前に突然婚約破棄された女性、
パム(キナ・マッキンロー)の弁護をしろと言われるのだが、カリフォルニアでは、
婚約破棄での訴訟はできないことになっているため、キムに文句を言うと、
このケースをジェーンに割り振ったのは、新しくパートナーになった、
オーウェンだという…。

今回はジェーンもキムも、どうしても感情的になってしまうようなケースでした。
キムのほうは妊婦友達が助けてほしいとやってきたために、
自ら選んで助けることにしたわけですが、ジェーンにとっては、
本当につらかっただろうなと思います。まして、この案件を振ったのが、
オーウェンともなると…。

いつだって振ったほうよりは、降られたほうのがより傷つく。
(もちろん一部の例外はあるだろうとは思いますが)
でも、今回のようなケースは、明らかに依頼人には手落ちがなく、
相手が一方的に悪かった。でも、そこまで積み上げてきた信頼と愛情は、
それだけで済むようなものではなくて…。正義というのとは違いますが、
それでも、パムのつらい気持ちをきちんと吐き出せる場ができたのはよかったです。

オーウェンについてはどうなのだろう。
ジェーンはずっとグレイソンに気があったのか? これは難しい質問ですよね。
Yesだし、Noでもある。ジェーン自身が言っていたように、
オーウェンはけして代理の恋人だったわけではないですし、
彼に対する気持ちが嘘だったこともない。確かに揺らいだことは何度かあれど、
いつだってジェーンはまっすぐだったと思う。…でも、それを証明するのは、
人間の心の中のことだから、難しいですよね。せっかくお互いに、
こんなに大切だと思える相手ができたのに、これで終わってしまうのは、
あまりにも残念だ。次回以降、どのように二人の関係は発展するのだろうか。

キムのほうの事件は、弁護士が法律を踏まえたうえで、
詐欺を働いているとなると、これは難しいですよね。
それでも思わぬやり方で、その悪事を暴けてよかった。
何よりも、生まれてきた赤ちゃんのために、この子を心からほしいと思ってくれて、
愛してくれる家庭にもらわれることができて、よかったと思います。
キムは本当にパーカーと終わりなのだろうか。まだ納得がいかない。
オーウェンのこともそうだけど、なんでこんなストーリーにしたのだろう。
まだ事故死とかのほうが納得がいくのに…。
こちらについては、もう少し様子を見たいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。