スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ10 第12話 アヴァンギャルドに勝ち残れ!

Project Runway 10 
#12 In a Place Far, Far Away


今回のテーマは、ロレアルの新しいコスメラインのミューズに着せる、
アバンギャルドな服。またアバンギャルドかー。

今回のゲスト審査員は女優のゾーイ・サルダナ。
以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、マイケル⇒マ、ゾーイ⇒ゾ。

○☆ドミートリ・ショーロホフ 33歳
神秘的な淑女担当。
ネイビーのセットアップスーツ。
彼はやはり仕立てのいい服を作るのが得意なんですね。
ハ:私はこれ、いいと思う
マ:きみは実に優秀なテイラーだな。どのラインが女性のボディをどう見せるか、緻密に計算されている
ニ:ディテールがどれも素晴らしいの。非の打ちどころのない仕事ぶりよ
ニ:ワンパターンなのが気になる。幅広さはあるのかって

クリストファー・パリュ 24歳
魅惑のクイーン担当。
黒のロングドレス。きれいなドレスだけど、普通の服に見えます。
マ:ビクトリア朝のゴスっぽく見える
ニ:ひとつのドレスにアイデアを盛り込みすぎてるの
ハ:フロントよりバックのほうがいいわね

メリッサ・フライス 31歳
アートの女神担当。
緑の襟の立ったベストに黒と赤のトップス、プリントのロングスカート。
緑のベストは、またスタンドカラーかという印象を受けてしまう。
マ:スリリングだ
ニ:ベストが気に入ったわ。襟がとてもドラマチック
ゾ:間違いなくアバンギャルドだし未来っぽいわ

ファビオ・コスタ 29歳
魅惑のクイーン担当。
ワインカラーのベストに黒のシースルーの下からワインカラーを見せた、
ロングドレス。かなりセクシーなデザインです。
マ:そのジャケットはファンタスティックだ
ハ:正直この服は全然ぴんと来なかった。なんだかお葬式に行く人みたい
ハ:どの作品が思い浮かぶ? そこだけはちょっと気になる。これといったヒット作が、今ぱっと頭に思い浮かばないのよね

×ソンジー・ウィリアムズ 27歳
誘惑の美女担当。
グリーンのロングドレス。胸元の部分が肌色の生地でつなげてあって、
セパレートになっているように見える。
色のせいもあるのですが、葉っぱを体に巻きつけてみましたって感じがする。
マ:私にはアイススケートの衣装に見えるね。晩さん会でスケートを披露するナンシー・ケリガンだ
ゾ:まるでテーブルナプキンを着ているみたいだわ
ハ:ソンジーの場合、まだ、そうこれがソンジーだっていう服がないのよね。美しい服を作るんだけど

ファイナリスト(たぶん予備)が決定しました。
でも、それよりも今日は最初に言いたいことがある。
ハイジの服が変だぞ!
テーマを伝えに来た時もランウェイの時も変な服だった。

閑話休題。
ドミートリ、メリッサ、ファビオ、クリストファー、おめでとう!
そしてソンジーは残念でした。
私も実は、ハイジの言うとおり、ファビオの作る服って、
そんなに印象がなかったので、この結果は少しだけ意外でした。
でも、コメントで出てきた、シグネチャー・ルックがないというのは、
やはり致命的だったと思うので、最終結論は納得でした。
彼女の作る服で、好きだった服は何着もあるので、これからに期待かな。

これまで、4人がファッションウィークへの出場を果たしたことがないので、
たぶん準備までさせておきながら、ひとりはまた出られないんだろうな。
その一人が誰になるのかは、コレクションを見てのお楽しみ。
デザイナーたちは最後のひと踏ん張りですね。がんばれ!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。