スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャンダル 託された秘密3 第6話 イカロスの翼

Scandal 3
#6 Icarus


オリヴィアは機密にされているレミントン作戦にフィッツがかかわっていると知り、
自分の母親を殺したのが彼かもしれないと、疑心暗鬼にかかってしまう。
父親のローワンがはくわけがないと、オリヴィアはホワイトハウスまで押しかけ、
フィッツにレミントン作戦のことを難詰するが、答えてもらえない。
選挙は一緒に戦えないとフィッツに言い残し、オリヴィアは事務所に戻ると、
マーカス議員の選挙本部に協力することを決める。ところが、
自分のイメージにこだわるマーカス議員は、なかなかオリヴィアの案を受け入れず、
相手を攻撃するようなやり方はしたくないというのだが…。

レミントン作戦、今この時点で表に見えているもの以外にも、
何かいろいろありそうですよね。前回のエピソードを見て、
果たしてフィッツはリヴのお母さんがそこにいたということを、
知っているのか否かという疑問があったのですが、
あのフィッツの表情を見るに、知らなかったようですね。
知っていたからこそ、リヴにここまで執着してるのかなとも、
少し思っていたのですが、そこまでの役者ではなかったみたい。
しかし、そのことによって、また不毛で爛れたリヴィッツ関係は、
こじれてリヴはマーカス陣営へ。

マーカス議員、どうなんでしょうね。
頭のいい人だと思うし、クリーンにいきたいという意気込みも買うのですが、
割と簡単にリヴとアビーに踊らされているような。
しかもそれ、娘も気づいているし。だが、あのキャンディのセリフ。
なんでもやるのか、みたいな言葉の真意が気になりますね。
これから彼女が、何かとんでもないことを頼んできたりするのだろうか。

しかし、それよりも気になるのはクインである。
最近闇の師匠(笑)、ハックが構ってくれないせいで、
どんどんわが道を行くようになっていますが、
ついには一人で射撃の練習まで。このドラマが始まったころのクインなら、
射撃になんて興味も持たなかったでしょうに、
ハックが本人にさえあると思わなかったバックドアを開けてしまったせいで、
いろんなモンスターがそこから出てくる…。
しかし、ハックと違って、まさに現役のチャーリーは…。
危ないよね。どうなるのかな。

あと、少しだけ、これはと思ったのは、副大統領サリーの夫、
ダニエルがメリーに色目を使っていたこと。
確かにメリーは美人ですが、妻の上司の妻だぞ。
いくら関係がボロボロとは言えど、どうなんでしょうね。
これまたいらん騒動を招きそうです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。