スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル5 第5話 最高のパートナー

Drop Dead Diva 5 #5 Secret Lives

ジェーンはオーウェンから指名を受けて、新規顧客の開拓のために、
LAの野球チームを訪れることに。ところがその大事なミーティングで、
ジェーンは粗相をしでかしてしまい、球団もオーウェンも失望させることに。
だが、ミーティングの最中に回されたメモに目を付けたジェーンは、
あとで内容を確認し、球団のスター選手スコット(デレク・スミス)が、
殺人容疑で捕まったということを知り、拘置所に先回りをして、
彼の弁護を引き受ける。一方ステイシーは、体外受精の相手を探すのに、
ジェーンの力を借りようとするのだが、テリーに頼むことになり…。

この時代でも、まだ野球選手でゲイは受け入れられないとかあるんですね。
びっくりしちゃう。それはあの球団オーナーの人だけなのかな。
軍隊とかもそういうところがあると聞いているので、
こういう古い体質の業界では、それが当たり前なのかもしれないですね。
ともあれ。
秘密を公にして、そして未来を手に入れることができて、
スコットはよかったですよね。彼からのメッセージが、
これからもっと、明るい未来を多くの人に与えられるだろうと思うし。
ジェーンはお手柄でした。

キムのほうの事件は面白かったです。
ホルモンのパワーは、強い女、キムですらも動かしてしまう。
普段の状態のキムなら、パーカーと別れることになっても、
心の中はどうあれ、公の場で取り乱したりなんて絶対にしないだろうに、
妊娠によってホルモンバランスが崩れている今は、
普段では見ることのできない、かわいいキムに。
めったにない、見逃しをするキムというのもなかなかなもの。
でも、最終的には正義が勝って一安心です。

そしてステイシーの精子ドナー探し。
あのプロファイルカードは、まるで俳優のポートレートみたいでしたよね。
顔、IQ、運動能力など、もう精子ドナー探しも、
まるで通販のオーダーみたい。とはいえ、子供の遺伝子に関係するのだから、
それくらいの情報が必要なのは確か。でもこれ、本当に申告情報が事実なのか、
裏は取ってるんですかね? ま、それはまったく別の話ですが。
ステイシーは結局、知り合いを父親候補とすることで落ち着いたけど、
それはそれで、ちょっと大変なことにならないかな。心配ですが。

グレイソンと新しいアシスタントのニコル(アニー・イロンゼ)。
あんまりどちらも好意を持たれるキャラクターじゃなさそうですが、
グレイソンにはジェーンを放っておいていただきたいので、
これでいいかと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。