スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル8 第21話 偉大なる脱走者

Supernatural 8 #21 The Great Escapist

←DVD  ←Blu-ray

クラウリーにさらわれたケヴィンは、今までいたアジトで目が覚める。
そこにやってきたディーンとサムのノックに違和感を覚える。
石板の半分を手に入れたというディーンから石板を受け取り、早速解読を始める。
ところがサムとディーンは悪魔が化けた仮の姿で、クラウリーの差し金だった。
一方、本物のサムは試練のせいで体が弱るばかり。ディーンは心配で、
サムにもう少し自分を頼るようにというのだが…。

ケヴィンが頭がいいというのは知っていたけれど、思った以上に、
彼は周到だったんですね。いきなり石板を読める預言者として、
なんの関係もない中損な役回りをふられて、母親も殺されて、
それでも彼がここまでするのは、やっぱり使命感なんでしょうね。
それこそがまさに、選ばれてしまったものの悲劇なんでしょうけど、
よく頑張ってるなと思います。

キャスのほうの話は、いきなり血みどろでびっくりです。
いくら彼を捕まえる必要があるからといって、
ここまでするって、正直言ってまともではありません。
そのくらい天使も悪魔も必死だということなのだろうと思いますが、
天使がここまでするとは…。もうシーズンフィナーレも近いので、
そこに向けての最後のダッシュなのでしょうが、
まあ話はすごいことになってきてますね。

キャスがひとりバスで旅立ってから、何をしているかというのは、
ここ数話、まったくふれられていなかったのですが、
天使からも悪魔からも見つからないように、ずっとチェーンのカフェを、
彼はああやってさまよってたってことなのか。しかしついに裏切り者の天使のせいで、
クラウリーにつかまり、石板も奪われてしまって…。

ひとつの石板を奪われたものの、ケヴィンの機転でもう一つの石板が手に入った。
キャスが兄弟のもとに戻ってこれたので、これは大きな収穫だけど、
全然有利になった気がしないです。そして今回出てきた新キャラクター、
メタトロン(カーティス・アームストロング)。
この人、どうなんでしょうねー。
何しろこいつには「クローザー」の恨みが…(ブレンダを追い詰めるゴールドマン)。
絶対いい人なわけがないと、勝手に思い込んでいますが、どうなるのかな。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。