スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル8 第22話 悪魔を浄化する方法

Supernatural 8 #22 Clip Show

←DVD  ←Blu-ray

キャスを保護したものの、まだディーンは彼を許すことができない。
最後の試練がなんなのか、サムとディーンはアジトで賢人たちの資料を見て、
探り出そうとする。アジトを探し回っていると、そこには悪魔を閉じ込める
ダンジョンがあり、サムは悪魔祓いをしている様子を映した、
古い八ミリフィルムが見つかる。そこに映っていた神父二人のうち、
ひとりがまだ生きているということがわかり、ディーンはサムを連れて、
その神父を訪ねるのだが…。

ここでキャスとディーンが仲直りというか、やり直せるかどうかって、
結構これからの戦いにおおきく影響があるような気がします。
ディーンが彼をまだ許せないという気持ちはわかるし、
心理的な抵抗があるのはわかるんだけど、これまでのことを振り返れば、
お互いがいたことで、乗り越えられてきた試練があるよね。
だからこそかえって、許せないのかもしれないけど…。

「悪魔を治す」という言葉の意味が分からなかったけれど、
それがこういうことだったとは。確かに悪魔が乗り移ることで、
もとは人間だった器が悪魔の器になってしまうので、
それを人間に戻す方法があるのなら、そのほうがいいですよね。
成功するという条件付きの話ではありますが。
しかし今回、アバドンをひとり放置したのは痛かったですね。
誰かひとりは見張りにつけておくべきだった。
次回が最終回なので、この件がどう引っ張るのかが気になるところです。

メタトロンって、本当に信じることができるんですかね。
彼が前回、助けてくれたのは確かなのですが、あまりにも彼の情報がなさすぎる。
キャスはある意味、ものすごく真っ白な存在なので、
だますのは簡単なんじゃないかと思うんですよね。
果たして彼らのほうの試練はどうなるのか。

関係ないですが、今回ちょっとツボだったのは、クラウリーの電話番号。
666ってオーメンかー。つい笑ってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

すみません。ちゃかすような回ではないのですが、どうしても一つ・・・ キャスは、何がなんでも買い物をバンカーに届けるべきだったと思うのですよ。パイや雑誌の貢ぎ物はきっとディーンの心を揺さぶったはず・・・ そう思った私でした・・・(ごめんなさに)

DDさんへ

こんにちは。私も茶化すようなエピソードではないのに、オーメン電話番号は無視できませんでした…。
なんというか、ちょっとしたことが力になったり、逆に打ちひしがれたりするきっかけになったりしますよね。お互いがまずい関係になっているときこそ、行動で相手を大切に思っているということを示されると、ぐっときちゃう。DDさんのおっしゃるとおり、もしキャスの贈り物が届いていたら、何かが違っていたかもしれないですよね。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。