スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル5 第13話 ヒミツの終わり

Drop Dead Diva 5 #13 Jane's Secret Revealed

ジェーンは母親のエレインが倒れたという話を聞き、ステイシーと病院へ。
ところが病院につくと、エレインはぴんぴんしていて、
ミュージカルを見に来たのだが、トイレに立った際に倒れてしまったのだという。
心配をしたジェーンは、エレインにしばらく自分たちのアパートに泊まるよう頼む。
ところが、ステイシーのおなかにいる赤ちゃんの父親がオーウェンだと知り、
エレインとジェーンは朝から口げんかをしてしまう。ジェーンは苛立ち紛れに、
干渉するのをやめろとエレインに言い放ち、そのまま出勤してしまう。
事務所へ出勤する途中、カフェでコーヒーを買いに寄ったジェーンは、
そこでアーミッシュの男性ジェイコブ(ダグ・サヴァント)と出会い、
彼の弁護をすることになる…。

こんな形のシーズンフィナーレなんて、びっくりです。
デビーのお母さんが前回出てきましたが、今回は久しぶりに、
ジェーンのお母さんのエレインが登場。そして登場したと思ったら、
まさか末期の病気で亡くなってしまうなんて。
そのシーンだけで涙が止まらなくて、本当に見ていてつらかった。
中身が誰であっても、あなたのことを愛しているというエレインの言葉。
母親の無償の愛というか、温かさを残して彼女はいってしまいました。
本物のジェーンのつらさも、心に痛かったです。

アイヴァー石油のアーミッシュの男性は、「デスパレートな妻たち」のトムでした。
あのひげは偽物のひげですかね? なんだか変でしたけど。
アーミッシュのストーリーって、結構所々で、いろいろなドラマで使われますが、
どれもやはり切ないものが多いですね。彼らの部族を一度出てしまうと、
もう戻ることはできないし、家族の縁を切られてしまうという掟から、
どうにも悲劇的なエピソードになってしまうことが多いです。
印象的だったのはGAのエピソードと、コールドケースのエピソードでしょうか。
どちらも涙なしには見れないもので、今回のケースもそうでした。
それでも最後に、ジェイコブが息子をきつくハグできてよかったと思います。

この事件もそうですが、エレインのことも含めて、このフィナーレは、
親子というか、家族、あるいは大切な人との絆を思わせるものでした。
本当に大切なひとがいたら、ためらってはいけない。
そういうことですよね。やっぱりジェーンの運命のお相手は、
グレイソンっていうことなんですよね。
次のシーズンが最後のシーズンになるとのことで、
ほかのひととのほうがいいとは思いますが、最終的には、
ジェーンが幸せになれればいいかな。次回は3月からの放映開始だそうです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。