スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャンダル 託された秘密3 第14話 キスキス、バンバン

Scandal 3
#14 Kiss Kiss Bang Bang


プブリウスであるジェームズと密会をしていたデイヴィッドのもとに、
ジェイクが現れ、同席していたヴァネッサとシェルビーを射殺する。
そして逃げようとしたジェームズの背中を撃ち、固まるデイヴィッドに、
味方になるかどうかの決断を迫る。翌朝、カージャックに見せかけた形で、
路上に放置されたジェームズの遺体が発見され、サイラスは放心状態に。
大統領の報道官が殺されたという記者会見に、大勢の記者が集まるが、
そこにいないヴァネッサに気づいたオリヴィアは、
この事件がただの事件ではないのではないかと疑い始める…。

先週、予告を見て、3発目の弾丸はジェームズには当たらなかったと予測しましたが、
なんとも切ないことに。このドラマのなかでのサイラスは、
とてもあくが強くて、それだけではなくて、結構いやな奴っていう設定で、
視聴者はやきもきすることが多かったのではないかと思うのですが、
最後の記者会見で泣き崩れるサイラスの姿には、思わずもらい泣きでした。
このふたりの夫婦の間にある問題はとても根が深くて、
そのうちのほとんどは、サイラス側が原因で起きているものだったと思いますが、
だからといって、彼がジェームズを愛してなかったということではないんですよね。

あのサリーの夫のダグラスを誘惑させたときだって、
そのサイラスのたくらみを知ってしまったがために、
ジェームズはあえてその誘惑を受けることでサイラスに対抗しましたが、
サイラスはジェームズが自分を裏切るわけがないと確信していたからこそ、
送り出すことができた。その汚いたくらみを夫に伝えたくなかったから、
ただ黙ってその場に送り出した。そのやり方に同意はしないし、
だからこそこじれたのですが、今回の悲劇は本当に切なかった。

デイヴィッドはS1のときから、常に貧乏くじをひかされる立場で、
今回もまた、本人はいつだってまっすぐでいたいのに、
こんなことをさせられることに。リヴなんかにかかわったのが、
そもそもの間違いだ。しかも基本的には、いつも利用されるだけだし。
ジェイクがやったということを知ったリヴのあの表情。
被害者ぶったあの顔には正直、吐き気がしてしまった。
父親のローワンとのシーンもそうでしたが、こんなんなってる理由の、
大きな一端に自分も絡んでいるくせに、私は何も知りませんでしたみたいな、
あの顔はいただけないですね。いくら美人でも許されないこともあると思う。

ハックとクインはどうなるんでしょうね。
このふたりは実際のところ、どうなんだろう? クインがチャーリーを好きかといえば、
あれは利害関係の一致と、クインが現状保護を求めざるを得ないという、
危うい立場にいるがための関係でしかないと思うのですが、
ハックがやっと人間らしい感情を少しずつ不器用ながらも、
取り戻しつつあるというのは、結構気になるところです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。