スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャンダル 託された秘密3 第16話 破滅への道

Scandal 3
#16 The Fluffer


家族全員でのライブインタビューがうまくいき、グラント陣営の支持率が、
少しずつ回復してくる。だが、メリーの浮気を許せないフィッツは、
オリヴィアにアンドリューを副大統領候補から外すと息巻く。
キャンペーンがうまくいき始めたと思ったところに、
以前フィッツとの不倫疑惑のスケープゴートの愛人となったジニーンが、
大統領との不倫に関する暴露本を出版する。一方、オリヴィアはローワンから、
B613の収入源の話を聞き、チームとB613を仕留めるために動き出す…。

さて。あと2話で今シーズンは終了。
リヴの母親の秘密など、思いがけない展開があったS3ですが、
どんなクリフハンガーを残すつもりなのか。
以前も大統領への狙撃というアクシデントがありましたが、
今回のマヤの動きで、またフィッツの命がという話になるのでしょうか。

いやー、でもねー。
非常に残念だが、この大統領はいなくなってもいいです。
だって、こんなときなのに、自分はリヴと不倫続行のくせに、
まだメリーの浮気が許せないと、愛人に妻の恋人を脅させるようなやつですよ。
ケツの穴がちっちぇーなとでもいうか。
お前、その職責にあって、もっとほかに考えることねーのかよと。
どうしてもいいたくなるわけです。

いきなりリヴとローワンの食事中にレストランに乗り込んできたマヤ。
突然だったので、なにがなんだかという顔のリヴでしたが、
ローワンはかなりやる気満々でした。まあ、この海千山千のローワンですら、
かわして抜け出したマヤのことですから、リヴの裏をかくのなんて、
赤子の手をひねるようなものなんでしょうけれども、
B613をつぶすことにばかり執念を燃やしたせいで、
それが招く結果を考えずに動いてしまうリヴ。やっぱりどうしても、
本当にやり手のフィクサーなのかと疑問がわいてきてしまう。

チャーリーは思ったよりもクインに本気の様子。
クインははやる気持ちとシステム停止で、彼の質問をかわしましたが、
抜け出ることができるのだろうか。あのまま突っ走ってしまいそうで、
その先にはよくない結果が待っていそうな…。
彼女の存在が、かなりこのドラマを面白くしてくれているので、
ぜひがんばってほしいところですが、果たして無傷で追われるのだろうか。

シーズン残り2話、どんなふうに終わるのかが気になるところです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。