スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はラブ・リーガル6 第4話 禁じられた愛

Drop Dead Diva 6 #4 Life & Death

ジェーンがデビーであると知ったグレイソンと一緒のケースに張り切るジェーン。
グレイソンの高校時代の友人セス(クリス・ペイン・ギルバート)からの依頼を受ける。
セスの妻は亡くなったばかりで、彼女の遺言により庭に埋葬しようとするセスだが、
両親は家族の墓への埋葬を望んでおり、両者の言い分が対立してしまう。
一方職場復帰をしたキムは、出勤途中に立ち寄ったコーヒーショップで、
12歳の少年ライアン(デイヴィッド・マスース)に呼び止められて、
自分を養子にしてほしいと頼まれる…。

ライアンのほうの話は、泣かされました。
最初、突然彼が養子にしてと言い出したときは、意味が分からず、
何が起きたのかという感じだったのですが、話を聞いているうちに、
もう親戚のおばさんモード炸裂(笑)。Major Crimes」のラスティ見てるときと、
同じような気分になってしまった。

宿題だってちゃんとやるし、誇りに思ってもらえるように頑張るとか、
そんなことを聞いてるだけで、もう涙が止まらなくなってしまって、
いっそ私が引き取るわ、みたいな感じになっちゃいました。
やっと新しい家族候補が見つかったということで、少し安心はしたものの、
実はこの家族がひどかったりしないかと気をもんでみましたが、
最後の物語の着地は、とても素敵なものでした。
子供も産んでないくせに、キムみたいにホルモンがあふれてる気がする…(笑)。
とにかくライアンにとって、一番の答えが見つかってよかったです。

ジェーンとグレイソンが対応したセスのほうのケースは、
うーん、微妙? 愛してる、ずっとそばにいたいという、
旦那さんの気持ちはありがたいけど、現実的な考えで行くと、
ジェーンが言うように、将来を考えると、庭に埋葬って、ちょっと怖いかも。
もしセスがもう80代とかで、死ぬまで彼女を伴侶として、
相手がいなくなってもそのままで過ごすんだというのならまだしも、
まだ若いですからね。最終的にご両親とも和解できたようですし、
それはそれでよかったのですが、本当にこれがよかったのかどうかは不明。

ポールの車騒動は、いい具合にコメディ色を加えていたかなと思います。
テリーとのやり取りも、なかなか軽妙でよかったです。
ジェーンとグレイソンの仲もこれで進展するのか?
まだおなかが大きくなってる様子はないですが、フィナーレまでには、
ステイシーの赤ちゃんも見たいですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。