スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命医ハンク6 第6話 危険な男

Royal Pains 6 #6 Everybody Loves Ray, Man

レイの自宅のインテリアデザインに続き、ペイジはレイのレストランについても、
手がけることになる。完璧な状態で妻を迎えたいというレイに、
レストランのシェフであるフランクリン(タイラー・ラビン)を紹介されるのだが、
アルコール依存症の過去を持つフランクリンは、ほとんどアルコールをとっていないのに、
酩酊状態になることが多く、そのせいで怪我をしてしまう…。

炭水化物をとって酔っぱらってしまうって、ものすごい病気もあるものですね。
病気というか、ちょっと違うのかもしれないけれど。
まあ通常の人はそんなにけがをしなければこういう事態にはならなさそうですし、
心配しなくてもいいんでしょうけど、お酒をほとんど口にしていなくても、
こんなふうになってしまうなんて、まさか考えることもありませんから、
万が一なってしまったときには、気づかないから予防もできませんね。
でも一応覚えておこうと思います。

エヴァンのペイジコントロールフリークが久しぶりに爆発してました。
良かれと思ってやっているのはわかりますが、ペイジがイライラするのは仕方ない。
私も人事で働いているので、契約書の大切さはよくわかっていますが、
最初の信頼を築く段階で、あまりに契約契約というのも、
むしろ良くないことも多いので、ペイジのやり方は間違ってないと思います。
ただ、そろそろと牙をむいてきたレイが、これからどうなっていくのか。
エヴァンは頭はいいですが、あくまでも武闘派なわけではないので、
どうなるのでしょうか。

そしてずっと気になっていたエマ。
あの見せ方だったので、ほぼ間違いないんだろうなとは思っていましたが、
やっぱり写真を売ったのは彼女だったんですね。
本人のあの様子を見るに、こんなことになるとは思っていなかったようだし、
こういうことを望んでいたわけでもないようですが、子供だということもあり、
ずるい大人に流されてしまうのは、すぐでしょう。そしてそうなったとき、
果たしてどうやって彼女がそこから抜け出せるのか。
もちろんハンクたちが助けようとはすると思いますが、
壊れてしまった信頼がそこにはかかっているので、彼女の側にも、
それなりの覚悟が必要になってくると思います。

ディヴィヤとサシちゃんのシーンは見ていて微笑ましいです。
新しいナニーの男の子もいい子みたいだし、こちらは順調そうですね。
そしてヴィヴィアナがジェレマイアを変えていく様子もいい感じでした。
彼にはもうちょっとディヴィヤを目指して頑張ってほしいという気持ちがまだありますが、
このふたりの展開も見守りたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。