スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命医ハンク6 第9話 完成!ハンク・ラボ

Royal Pains 6 #9 Oh, M.G.

ハンクラボがついに完成し、施設がオープンする。落成記念のリボンカットの際に、
調香師のサム(シャイアン・ジャクソン)が香水のボトルを運ぶ途中で、
転んでけがをしてしまう。その場にいたハンクとディヴィヤは彼の手当てをする。
一方、ハンクメドに訪ねてきたネイルアーティストのロレーナ(ソニア・ブラガ)は、
体調不良を訴え、ジェレマイアとディヴィヤの二人で担当をすることに。
エマはシンコと少しずつ関係を近づけていくのだが、
スナークにひどい写真が載った後で、シンコが音信不通になってしまったことで、
傷つき不安を感じ、ボートでの誕生パーティーの写真をオズに送ってしまう…。

ジェレマイアとディヴィヤの関係はどうなってしまうのでしょうか。
ディヴィヤがヴィヴィアナのところにいったのは、
あのお金を渡すシーンを見てしまったからですよね。
お互いに言葉足らずだったために、誤解が誤解を生じている状態で、
ディヴィヤとヴィヴィアナ、ヴィヴィアナとジェレマイア、
ジェレマイアとディヴィヤというトライアングルの誤解が、
混乱に混乱を呼んでいるように思える。

この間から少し思っていたのですが、ここにきてやっと、
ディヴィヤはジェレマイアに対する友情を超えた何かを持ち始めたように見える。
ただ、本人にはその自覚がない。ジェレマイアもヴィヴィアナに気持ちがいっていて、
そんなディヴィヤの気持ちに気が付いていない。そのうえでこれが起こり、
ディヴィヤに家を出るように言うというのは…どうなるんだ、これ。
ヴィヴィアナがいい子なだけに、ただのつなぎになってしまうのは気の毒だが、
もしディヴィヤとジェレマイアがお互いを意識できるようになれば、
それは万々歳なのですが、どうなることやら。

エマはさすがティーンエイジャーというか、そもそもの始まりからそうでしたが、
どうにも浅薄なんですよね。シンコのこと、恋かもと思っていたから、
傷ついたのもわかるけど、だからって腹いせみたいなことをしていては、
本当にどうにもならなくなってしまう。このオズが誰なのかは、
まだわかりませんが、この話はこのシーズン、引きずりそうですね。

ハンクとシャーロットは順調そう。まあ大人の二人ですから、
そんなに心配することはないと思いますが、
早く手術がすべて終わって、安心できるといいですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。