スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースルーム3 第3話 大いなる誤算

The Newsroom 3 #3 Main Justice

ニールは局から逃げるが、FBIはニュースルームにあるすべてのハードドライブの
差し押さえのためにACNに乗り込んでくる。チャーリーはスタッフに指示し、
LAの局からニュース速報で不当な捜査を生放送で流すというブラフで、
FBIとの休戦をとりつける。マギーは環境保護庁の次官から得たレポートを、
報道するためのサポートをしてほしいとジムに頼む。
一方、ブレアとランディの双子に渡す資金を得るために、レオナとリースは、
チャーリーと協力し、資金を持っていそうな人物を探すのだが…。

ジムとハリーの中には暗雲が。
ジムがいっているハリーに対する言葉は理解ができます。
ハリーはいい子だと思うけど、ACNを首になるきっかけとなってしまったツイートは、
悪意に満ちていた。たとえそれが一瞬の判断ミスだったとしても、
表に出してもいいことといけないことの区別がつかなかったというのは、
非常に危険な感じがします。そしてハリーが100回ACNに恨みはないといっても、
PVが関係している以上、私がジムでも止めただろうと思います。
この二人の関係がどうなるかはわかりませんが、まずくなってしまった場合、
余計に心配になりますね。あとはハリーの良心を信じるだけです。

ゲイリーはこれまでサブとして出てきていましたが、今回のエピはびっくり。
色男キャラだったんですね。いや、別にルックスは普通にいいと思いますが、
そんなに局の何人もの女の子と(同時ではないにしろ)デートしていたとは。
それに絡んで新しい人事部長が出てきていましたが、
ドンとスローンはどうするのかな。かなり彼に振り回されていますよね。
せっかく二人が結ばれたのに、別の支局に移されることになったら、
付き合い続けるのも、結婚するのも難しくなってしまう。大丈夫かな。

マギーが持ってきたEPAのスクープですが、リチャードの悲観ぶりには驚きでした。
いや、あのレポートの内容を考えた場合に、わかるんですが、
あそこまでまっすぐに投げつけられると、なんて答えたらいいのか。
いつもインタビューではコントロールをしているウィルなのですが、
今回ばかりはリチャードの暴走についていけず、しばらくどうにかしようと
健闘するものの、結局ぶちっと切ってしまいました。
ウィルにも苦手があるんだなと、少しおもしろかったです。

ニールのほうの事件は、どんどん大きな話になってきて、
一体あと3回でどんな着地点に持っていくのか。ついに大陪審まで出てきて、
宣誓のもとで証言を行うとなると、下手なことは何も言えない。
ウィルは以前検事だったという過去があるので、それを生かした設定だと思いますが、
ここまで窮地に追い詰められて、果たしてどのような起死回生プランがあるのか。
ウィルがFBIの担当者をやり込めたシーンはなかなかに痛快でしたが、
これが時限爆弾へのスイッチでなかったことを望むばかりです。

最後に、マギーの成長について。
彼女はこのドラマが始まったときは本当にまだ甘ちゃんで、
ナイーブなフレッシャーだったと思います。それがS2でアフリカを体験し、
そのつらさを糧に成長した。そしてこのシーズンになって、
今回のEPAのレポートといい、彼女が一歩ずつ、つらい思いをしながらでも、
前に進んでおり、その中から学んでいるというのが見えるのが、
見ていてとてもうれしい気持ちになります。彼女にはこれからも、
前を向いてがんばってほしいです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。