スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命医ハンク6 第12話 オズの正体

Royal Pains 6 #12 A Bigger Boat

ゴシップサイトに写真を投稿したこと以外はうそをついていないというエマだが、
ハンクの処方箋がなくなっているのに気づいたハンクとエヴァンは、
エマが盗んだのではないかという疑惑をぬぐいきれない。エヴァンはペイジと話し、
二人でエマが処方箋を持っているという証拠を押さえてから話をしようとする。
そんな中、シンコが手首の痛みを訴え、エマはハンクに助けてほしいと相談する。
レントゲンを撮っても原因は判明せず、とりあえずは様子を見ることに。
ディヴィヤとジェレマイアはボートハウスのオーナーである青年、
チェイス(ジャスティン・ブルーニング)を診察するのだが…。

エマが処方箋を黙ってとった理由が判明し、このシーズンずっと引っ張ってきた、
オズの正体がやっと表に出ることに。結局シンコの妹のパーカーという結果で、
驚きはしませんでしたが、なんとなく腑に落ちないような。

パーカーがお兄ちゃんを大好きなのは最初からわかっていましたが、
エマのことも慕っていたようだったのに、途中で写真を出さなくなったら、
彼女を貶めるとか、そういう態度をとっておきながらも、
普通にシンコと遊んでいるエマにはナイスにできるとか。
子供だからなのかもしれないんですけど、エマ以上にちょっと厄介なような気も。
まあ彼女はこのドラマのメインではないので、うるさくいう問題じゃないのかもしれません。
ただ、思ったよりも簡単にオズが捕まえられたのは、相手が子供で、
甘かったからというところでは、納得でした。

エマが車に乗って出て行ったとき、この子、これで戻ってこないわと、
たぶん見ている人たちは思ったと思うのですが、ハンク、なぜ。
ドラマの筋書きだから仕方ないんですが、あのときのエマの表情は、
痛みを隠していましたよね。ハンクが自分のほうでもエマに対する、
少々後ろめたい思いがあったのもありそうだし、あんまり責めたくなかったんでしょうね。
あそこにペイジがいたら、止められたと思うのですが、残念です。
予告ではエディと一緒にいるとのことでしたので、
彼女が戻ってくる可能性はあるのかなと期待しています。
根はいい子ですしね。残ってほしいなと思っています。

シャーロットは、いたね、くらいの扱いでした。
彼女はこれからどうするのかな。帰国するまで見たいなことを言ってましたが、
ということは、予後、少し経ったらモナコに戻るってことですかね。
ハンクがハンプトンズ記念病院の理事の件を断ったのは、
たぶん彼女のことがあるんじゃないかと思うんですが、彼がいなくなったら、
そもそもドラマが成立しなくなるので、どういう着地を考えているのでしょうか。
あとはやはり、医師として、患者の治療に専念したいというのもあるのかな。
ボリスがハンクのNoの返事を聞いて、珍しく少しショックを受けているようでした。

ディヴィヤとジェレマイアはその後、無事に友情を回復。
ジェレマイアが患者のチェイスに話した友情の定義は素敵だったと思います。
ていうか、本当にこの二人のロマンティックな関係への発展はないのかな?
しつこいかなぁ。それとも、この二人の関係の発展に期待しているのは、
いったい私だけなのだろうか。どちらにしろこのシーズンは変わらないと思うので、
どうなるかはわかりませんが、一人ひそかに願っておこうと思います。

さて、来週はシーズンフィナーレ。
エマのことがメインになってきそうですが、あとはシャーロットとハンクのこと、
新しいハンクメドとハンプトンズ記念病院のあり方についてになるかな。
ボリスとハンクの関係も、まずくならないといいなと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。