スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー11 第1話 家族のカタチ

Grey's Anatomy 11 
#1 I Must Have Lost It on the Wind


メレディスはデレクにワシントンDCにはいかないと告げ、口喧嘩になってしまう。
もやもやする気持ちを打ち明けるクリスティーナがいなくなってしまったため、
アレックスに話をすることになる。リチャードとエリスの娘、
マギー(ケリー・マクレアリー)は、メレディスに自分が妹であると、
伝えようとするのだが、そもそも話すら聞こうとしない様子のメレディスに愛想を尽かし、
彼女に気に入られようとするのをやめる。二人はある患者の治療を巡って、
対立することになるのだが…。

クリスティーナがいなくなっての新しいシーズン。インターンで残っているのは、
ついにメレディスとアレックスの二人になってしまいました。
あのころは青かった二人が、もうフェローなんて、早いものですよね。
いろいろなことを乗り越えてきたなと、感慨もしみじみ。

しかし、メレディス、また妹登場か。さすがにもういやだろうなぁ。
レクシーの時も彼女を受け入れられるようになるまで相当かかりましたが、
やっと姉妹としての絆ができてきたと思ったら、あの悲惨な事故で彼女を亡くして、
メレディスがまた肉親というものを受け入れられるようになるには、
結構な時間がかかるんじゃないかなと思う。もともと頑固なところはあったけど、
飛行機事故の後は、よりかたくなになったと思うから。

マギーは…どうなんでしょうね。姉に会いたいと思ってやってきたら、
こんなに冷たい人なんて、というのが彼女の心中なのだと思うけど、
タイミングも悪かったと思う。レクシーが初登場したときも、
マギーとまったく同じ形で虎の尾を踏んづけていたが、
よりリラックスして、関係が近づいた時にパーソナルな話題は振らないと、
こういう複雑な関係じゃなかったとしても、難しいと思います。
私だっていきなり初対面の人に、あなたのお母さんってなになによね、とか言われたら、
お前なんだよって思いますし…。まあ、あの様子だと当分はもめることでしょう。

アレックスが意外にも、メレディスへのサポートを積極的に務めているのは、
うれしいサプライズだったかも。メレディスにとってのクリスティーナは、
心の碇だったと思うので、彼女がいなくなってしまった今、
彼女をニュートラルに戻すことができる存在は、アレックスになるんだね。
エイプリルもやさしい子だけど、彼女の感傷的なところは、
メレディスとは合わないので、やややさぐれ気味のアレックスのほうが、
正しい組み合わせだと思います。

最後にデレクがDCに行くのをやめると言ったら、メレディスが怒っていましたが、
これは理解できました。自分が大切な人の邪魔をする存在になりたくないということ。
だからクリスティーナは旅立っていったのだし、デレクにとって大きな仕事、
その間にはだかる存在ではいたくないというのがメレディスの気持ち。
彼女がデレクに、自分にまでDCに行くことを強制しないでと頼んだのと同じことなんだけど、
そこをデレクは理解できてないんだよね。SUITSのマイクとレイチェルとは、
逆バージョンなんだ。あっちは自分以外の相手のために決断をしていて、
それは関係がいいときはいいんだと思うんですが、何かがうまくいかなくなったとき、
あのとき私はこうしたかったのにとなってしまう、よくないパターンなので、
メレディスの自分のために決断をするべきだという判断を私は支持したい。
これもまた、しばらくは波乱の予感ではありますが。

オーウェン、元気なふりをしていますが、本当に元気なのか、ただのふりなのか。
周りが変な気の使い方をしているせいで、なんだかおかしな会話が、
あちらでもこちらでも交わされてるけど、実際どうなんだろう。
さみしい気持ちは本当だと思うので、無理はしないでほしいと思いますけどね。
クリスティーナはもう戻ってこないから…。

さらりとジーナ・デイヴィスが登場してましたが、彼女はレギュラーになるのだろうか。
アリゾナをフェローに誘っていたので、まだ登場はすると思うのですが。
そこも二人目の子供のことで、アリゾナとカリーがすれ違っているので、
一緒に注目したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。