スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUITS/スーツ4 第5話 喜劇の弁護士

Suits 4 #5 Pound of Flesh

マイクは金策をつけるが、サイドウェルに秘密で金を使うことがいやで、
金をちらつかせることで、ハーヴィーに手をひかせようとするのだが、
ブラフを読まれてしまう。学校と仕事とで働きづめのレイチェルは、
眠る時間もなく、フラフラの状態で家でも仕事をしていた。それを見たマイクは、
ハーヴィーに休暇をもらえないか頼んだほうがいいとアドバイスするが、
職場こそが最高の学びの場だといって、レイチェルの頼みを却下する。
一方、ドナは「ヴェニスの商人」のヒロイン、ポーシャの役で、
舞台に出ることになり、セリフの練習をするのだが…。

ルイス、すごく似合ってた。
最初、怪我をしたというのがアントーニオの役者じゃなくて、
シャイロックだという時点で結構笑えるなと思っていたのですが、
ドナが仕組んでいたことだったんですね。であれば納得です。
でも、衣装もすごく似合ってたし、演技をしてるところが映らなかったのが、
本当に残念だった。それにしてもルイス、バレエが好きだったり、
古典芸能をこよなく愛する(意外と)粋な男だというのは知っていましたが、
シェイクスピアを全作暗記してるって、すごすぎ。私も高校の時、
「マクベス」の有名なせりふを授業で暗記しましたが、
それだけでも結構大変だったのに。ますますルイスマジックにはまってしまいそうだ。
ドナの心遣いも、見ていてうれしかった。彼女もドレス、似合ってましたね。
いつものおしゃれな仕事着も素敵だけど、ああいうクラシックな格好も、
彼女には似合ってた。

ハーヴィーとマイクが食事をすることになったとき、これはこの間に、
株を買われてるだろうなと誰もが思っていたと思うのですが、
敵同士に回っても、師弟として培った友情と信頼があだになってしまった。
まあハーヴィーは本当にそんなことをするつもりではなかったので、
彼自身でさえも裏切られてしまったわけですが、これはきついよね。
このシーズン、ずっとお互いに対して抱いていたもやもやした気持ちを、
やっと水に流せそうだったのに、こんなことになってしまった。
でも、ハーヴィーがマイクに対して、彼を認める発言をしたので、
もう一度二人はやり直せるかもしれません。

レイチェルは大丈夫ですかね。
失神したって、居眠りしちゃったとかじゃなくて、たぶん歩いているときとか、
立ち上がった瞬間か何かに、倒れてしまったということですよね。
もちろん女性のほうが、男性に比べてずっと体力は低いので、
おかしなことではないんですけど、そこまで根を詰めて働きづめるというのは、
絶対によくない。そんな理屈がまかり通るような職場環境じゃないのはわかるけど、
体を壊してしまったら、そもそも働くことも勉強することもできないので、
どこかで休みを取らないと、危ないですよね。早く回復するといいのですが。

ケイヒルはこれから、しばらくストーキングしてきそうですね。
やはりやられたらやり返すのがお約束の世界。
最終的にハーヴィーは勝利を収めるのだろうとは思いますが、
そうはいっても、そこに行くまでには、結構な痛みが伴いそうです。
このシーズンは引きずりそうな話題ですね。
ローガンからの花が届き、またレイチェルが複雑そうな顔をしていました。
この二人の一夜の過ちも近そうです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。