スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ11 第9話 ファッショナブルに脱ぎ捨てろ!

Project Runway 11 
#9 Take It All Off!


人数が減ってきたところで、今度は審査員たちのリクエストでチームシャッフル。
新しいテイストを再発掘できるような組み合わせでコンペにチャレンジ。

今回のテーマは、男性ストリップショーの集団、「サンダー・フロム・ダウン・アンダー」の
ステージ用衣装を作ること。スーツですぐに脱ぎ捨てられるデザインにすること。

今回のゲスト審査員は、女優で歌手のエミー・ロッサム。
以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、ザック⇒ザ、エミー⇒エ。

「チーム・グレー」
スタンリー・ハドソン 44歳
ミシェル・レズニアク・フランクリン 34歳
ダニエル・エスキヴェル 48歳
パトリシア・マイケルズ 46歳

1着目:
白いシャツに黒のコート、黒のパンツ。

2着目:
グレーのシャツに黒のジャケットとパンツ。
シャツの形は悪くなかったんだけど、脱げなかった!

3着目:
グレーのシャツ、パンツにグレーのチェックのベスト。
パンツのまた上の寸法のせいか、妙に股間部分が長く見えたのが気になりました。

ハ:これがサプライズって言えるかしら。そうは思えないけど。だってこれによく似た鍋つかみがうちにある
ザ:パトリシア、口をはさんで悪いけど、これを見てどういうオフィスを思い浮かべる?
ニ:そのトレンチコートは、美容院のケープみたい
ハ:なに、あの欠伸が出そうなデザイン。パトリシアは籠みたいなのを編んでるし
ハ:裸にコートの変質者っぽくなかった?

「シックでヒップ」
アマンダ・ヴァレンタイン 31歳
サマンサ・ブラック 28歳
リチャード・ホールマーク 39歳
ラヤナ・アギラー 28歳

1着目:
白のノースリーブシャツの上に黒のベスト、黒のパンツ。
シャツの襟が小さくていびつな感じでした。あとはベストのバックがフィットしてない。

2着目:
白の長そでシャツにカーキのタイ、黒のパンツ。
こちらもシャツが何だか変。

3着目:
黒のシャツにジャケット、パンツと黒ずくめ。
色はともかくとしてこのフィット感の悪さはどうしたものか。
ジャケットもシャツもなんだかすごいことになってました。

ニ:シャツの丈は長すぎるし、襟は問題だらけだし、ジャケットはレディースみたいだし、悲惨としか言いようがないわ
ハ:ラヤナのジャケットは、私が今まで見た中で最悪のフィッティングだったわ
ザ:あれじゃ17世紀後半の服によくある襟みたいだ

男性ストリッパーの衣装を作るというのは、初めてのチャレンジですかね。
デザインがひどいチームと、せっかくの衣装なのに脱げないチーム。
確かに今回の審査は大変だっただろうと思います。
でも、異常にはしゃぎまわるハイジとニーナはなかなかにみものであった。

ともあれ、毎シーズンメンズのデザインを作るときにデザイナーたちは大変そうだが、
今回もかなり苦労しているようでした。しかし、すごい服を着せられているのに、
ダンサーの皆さんは楽しそうで、明るいのがよかった。
まあ仕事柄、明るい性格の人が多いんだろうけども。
ダンサーさんも、デザイナーの皆様もお疲れさまでした!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。