スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト・ランウェイ11 第12話 注文の多いニーナ

Project Runway 11 
#12 Finally on My Own


やっとデザイナーとして、ひとりでのコンペに臨むことになるも、
今までの脱落者をアシスタントとして使う形でチーム編成。
まあいろいろと大変そうです。

今回のテーマは、雑誌マリ・クレールのカバーに使われる服。
新しいファッションをリードする服で、いろいろと注文が。
さすがニーナ。うるさい。こんなにいわれたら、混乱半端ないです。

今回のゲスト審査員は、女優のジョーダナ・ブリュースター。
以下、ハイジ⇒ハ、ニーナ⇒ニ、ザック⇒ザ、ジョーダナ⇒ジ。

スタンリー・ハドソン 44歳
レザージャケットの白のキュロットパンツ。
一瞬シルエットを見て、ラヤナのデザインかと思ってしまいました。
軽やかで春先にいい感じですね。
ハ:とてもフレッシュだし、エレガントだし、高そうに見える

ラヤナ・アギラー 28歳
青のレザーのトップスに白のシースルースカート。
組み合わせが面白いけど、着心地が悪そうなトップスだ。
革の継ぎ目にお肉が挟まったら痛そう。モデルはやせてるから、
そんなことないんだろうけども。
ザ:トップス部分が見事だね。とても構築的だ
ニ:これはとても見栄えがする

ダニエル・エスキヴェル 48歳
黄色のツーピース。肩に大きなデザインのアクセントがあるのは、
ダニエルのシグネチャー・ルックという気がします。
ザ:今のデザインは、ちょっとバランスが悪いと思う
ニ:雑誌は5月なのに、これはまるでイースターみたい。卵色の花束みたいに見える

パトリシア・マイケルズ 46歳
ワンショルダーのワンピース。
ドレスにするなというニーナの忠告があったはずですが、
パトリシアの言い訳は、リチャードのせいになるのでしょうか。
ニ:その形、まるでテントみたいでしょ
ザ:仕上げが雑で、完成した作品とはいいがたい

ミシェル・レズニアク・フランクリン 34歳
白のシースルーを使ったトップスに鶯色のパンツ。
白と黒と緑の配色がとてもよかったです。
ニ:Tシャツとパンツはやめてっていったでしょ
ジ:普段には着たいけど、撮影には向いてないわね

パトリシアが不合格かと思いきや、まさかの展開でした。
ミシェルにセカンドチャンスがあるのはいいことだと思うけれど、
パトリシア、合格なのかー。昔は結構何が何でも結論を出してましたが、
ここ最近はそこがインフレしてて、ファイナリストを決めるときも、
すぐには決まらなかったりするので、難しいですよね。
このシーズンはチーム戦としたせいもあるのか、今までは毎シーズン、
14回で終わっていましたが、16回あるようだし。どうなるのかしら。

次回は皆さん外国へ飛ぶようで、面白いデザインの服を期待しています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。