スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUITS/スーツ4 第15話 守るべき人

Suits 4 #15 Intent

リバティ鉄道の案件を打破するため、ドナが不正に必要書類を入手した様子を、
映した防犯ビデオをエヴァンから見せられたハーヴィーは、
入手経路を自分にいわなかったことに対してドナとマイクを責める。
違法なことはしていないというドナだが、ドナを起訴するというエヴァンに対し、
案件棄却にすることを申し出るのだが、受け入れてもらうことができず、
証拠を使えない状態で訴訟を継続することになり…。

ここまで動揺しているハーヴィーの姿を見たのは初めてだったかも。
ドナとハーヴィーの絆は本物で、そこに愛情があるのはわかっていたけど、
彼がそれを認めるとは思っていませんでした。よかったですよ。
スコッティ派の方ももちろんいると思うのですが、
私は断然ドナ派なので、ハーヴィーには絶対ドナと思っています。
まあ二人が実際に付き合うことになったら、ドナは仕事をやめないといけなくなるので、
この愛の告白をもって、晴れて…というわけにはならないとは思いますが、
ドナがふたりの間にあるものが、彼女からの一方通行ではないと、
知ることができたのは、大切なことだったんじゃないかと思う。

…でも、お互いにそういう気持ちがあるとわかったところで、
一緒になれないとしたら、それは本当につらいですよね。
(この辺も、最後はともかくとしてTWWのジョシュとドナに似た香りがする)
マイクやレイチェルと違って、ハーヴィーとドナは大人ですから、
その辺はコントロールするのでしょうし、それで仕事がお粗末になったりは、
しないのだろうと思いますが、好きな人がそこにいて、その人も自分のことを、
同じように思っているとわかっているのに、その手を取ることができない。
精神的な拷問みたいな…。んー、このふたりの関係、どうなるんでしょう。

このエピソード、大好きなルイスがちょびっとしか出てなくて不満ですが、
彼が元の姿に戻って、ドナにハグをしているシーンはとてもお気に入りです。
S1のころから文句を言っていたアシスタント、まだルイスは使ってるんですね。
(仕事面では結構つかえないっぽいのに、首にしないなんて、意外とやさしい)
ドナとルイスの軽いやり取りは、いつもいいなと思います。
基本的には女王様のドナが奴隷ルイスを鞭で叩く方向性ではありますが、
ルイスが友達をがっすり切り捨てなくてよかったと思います。

ジェシカのほうは…。マローンはどうするのかな。
辞職はともかくとして、ジェシカが珍しく下手に出ていたのを、
彼はちゃんと感じ取っていたはず。職場を離れることで、
関係を継続させるつもりなのか…ネタバレを見たくないので、
まったくサーチしていませんが、この人、いい人だと思うので、
これで退場してしまうのはもったいないかなと。
事務所をやめてしまうと、基本出番がかなり減ってしまうので、
ドラマに残ったとしても、あまり出てこなくなってしまいそうですね。
もしそうだとしたらちょっと残念かなぁ。

次回はついにシーズンフィナーレ。
そんなに話数が多いドラマではないので、毎回あっという間ではありますが、
今回はマイクとハーヴィーの対立とかがあったので、よけいに早く感じました。
フィナーレのクリフハンガーはどんなものなのか。ドナとハーヴィーの
微妙な関係性の変化にも期待しています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。