スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Major Crimes 重大犯罪課3 第8話 狙われたスター

Major Crimes 3
#8 Cutting Loose


タオがコンサルをしているテレビショーの主役ジョニー(ルーク・ペリー)の
マネージャー、キキ(ケイト・モーガン・チャドウィック)がタオに連絡をしてきて、
ジョニーが何か違法なものを倉庫に隠しているという匿名の手紙を受け、
貸倉庫を開けるのに立ち会うことに。もともと使っていた鍵が替えられていたため、
ボルトカッターで倉庫を開くと、そこには白骨化した遺体が横たわっていた。
捜査を進めるうちに、被害者の女性はゼルダ(リサ・ワイアット)という名前で、
ジョニーのストーカーだったことがわかる…。

ルーク・ペリー、老けた。たまーに単発のゲストスターで見かけるのですが、
うーん、年を取ったと毎回思う。でも、年を取ってもやっぱり色男役。
今回は昔の青春スターで、今はやや落ち目気味? でもカッコいいけど、
みたいな、ほぼ本人に近いような役柄で、これは脚本でと思いますが、
微妙に脳みそが軽い(ちょっとおバカ)なところがなかなかツボでした。
いつもきりっとしているシャロンが、ちょっと浮かれているところとかが、
そうそう、若い子よりも、年齢いってる人のほうが、彼には反応するよねとか、
ホッブスがいい男だわ~と揺れてたりするのがおかしかった。

犯人はキキかなぁと思ってみてたんですが、警察にはおなじみの、
「(妻が殺されたら)犯人はいつも夫」という標語通りの結果でした。
まあ、ここまで奥さんがブラウン管の向こうの人にいかれちゃってたら、
その気持ちはわかるんですけどね。わざわざジョニーに罪を擦り付けようとしたところが、
なんだかみみっちいなという感じではありました。
プロベンザがめっちゃくちゃ得意そうではありましたが、
無事事件は解決し、ショーも継続となったようでよかったです。

タオがジョニーにいったい、それぞれのチームメンバーのことを、
なんといって紹介していたのかが気になりました。
ジョンの能天気なチームとの面会がなかなかで、ラスティは覆面刑事と間違われるし。
いつもはクールにしているエイミーが、ジャケットを脱いで、
色気を出していたのも、いつもの彼女らしくないかわいらしさでした。
最初、あのサイン云々は、ジョンのDNAを取るための細工かと思いきや、
普通に本当にただのサイン会だったっぽい。

フリオ、あっという間に退院してきていましたね。
新しいスーツはともかくとして、もうちゃんと元気そうでした。
少ししか映りませんでしたが、無事の帰還にほっと一安心。
でも、プロベンザのハグでもしてやればいいだろの一言に、
戻ってきたフリオは、シャロンにハグされてものすごく戸惑った顔をしているのが、
地味におかしかったです。なんでこんなことになってるかわからないけど、
上司を押しのけることできないし、と顔に書いてありました。

フリンはなんであんなにコンサルのギャラがどのくらいなのか気にしてたんだろう。
お嬢さんは無事嫁に行ったわけだから、もう養育費もかかってないはずなのに、
一体何をしようとしているのか。家を買う? まだ付き合ってもいないけど、
シャロンと結婚したい? 執拗に情報を引き出そうとするのに、
プロベンザがあきれてすごい顔をしてました。テイラーがタオを推薦したのは、
たぶん正しい人選だったと思います。ほかの人は言葉が足りないし、
性格的にもあまり向いていなさそう。

そしてラスティ、無事高校卒業おめでとう!
家族である重犯課のみんなに祝ってもらえて、本当にうれしそうだった。
テレビの前でも、ラスティの義理の家族がお祝いしてますからね。
今度は大学。これからもがんばれ!

関連記事
スポンサーサイト
コメント

うれし泣き

ラスティのエピソードは
切ないモノが多くて
いつも胸を締め付けられながら泣いてたけど
今回はほんわかとハッピーな展開♪
みんなに愛されてるラスティに
うれしくてニコニコしつつも
あらら、やっぱりうれし泣きです(・_・、)
親戚のおばちゃんは
ラスティのこととなると
めっきり涙もろい今日この頃ですσ(^◇^;)
・・・ハッピーの後に何か良くないこととか
ないよね、ないよね?
・・・老婆心炸裂!!(爆)

みーこさんへ

こんばんは。
今シーズン、ラスティもそうだし、被害者たちもストーリーがつらいものが多かったですけど、いやがるラスティをぶっちぎって、大切な人たちでお祝いをしてくれたシャロンに感謝です。なぜかよくわからないけど、ジョンも一緒に参加してましたし(笑)。私もラスティのこととなると、どうも他人の子のように思えなくて、涙腺がゆるんでいます。

> ・・・ハッピーの後に何か良くないこととか
> ないよね、ないよね?
いや~、そんなことあってほしくないです! まだベックママのほうは片付いていないので、シーズン中に余震は来るとは思うのですけど、重犯課ファミリーが彼を守ってくれることと信じています^^

No title

まさにディラン!だったルークの演技に感動。
まあビバヒル時代でも老けた高校生(笑)でしたから、今は十分オヤジなんですけど、それにしてもなんとハマり役だったことか、あの軽さはちょっと不安でしたが、最後に夫の自白を導く渾身の演技は最高でした。これぞ大スターです。

サンチェスを素直にハグしちゃうレイダーに拍手。
本当に素敵なチームだと思います。

Garotoさんへ

今回のルーク・ペリー、めちゃくちゃおいしい役でしたよね。多少凡人の現実から離れたとっぽさはありましたけど、でもスターだからしょうがないか、みたいな。ちゃんと真犯人の自白も引き出し、終わりよければですね。

フリオ、無事戻ってきてよかったです。戸惑っても拒否しないあたり、ちゃんとボスの言うことを聞くようになってる。チーム機能してますよね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Major Crimes 重大犯罪課3 第8話 狙われたスター

Major Crimes 3 #8 Cutting Looseタオがコンサルをしているテレビショーの主役ジョニー(ルーク・ペリー)のマネージャー、キキ(ケイト・モーガン・チャドウィック)がタオに連絡をしてきて、ジョニーが何か違法なものを倉庫に隠しているという匿名の手紙を受け、貸倉庫を開けるのに立ち会うことに。もともと使っていた鍵が替えられていたため、ボルトカッターで倉庫を開くと、そこには白骨...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。