スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル9 第5話 犬になったディーン

Supernatural 9 #5 Dog Dean Afternoon

←DVD  ←Blu-ray

ケヴィンとサムの体調を心配して、できるだけ体を休ませたいディーンだが、
サムがオクラホマで剥製職人が全身の関節が外されるという死に方をしたのを見つけ、
ふたりは狩りに向かうことに。現場には被害者が飼っていたジャーマンシェパードのみで、
ほかに目撃証人はいなかった。飼い主が殺されてしまったため、
飼い犬のカーネルは動物保護施設に送られるのだが、そこでも職員が殺される。
事件を調べに出向いた兄弟は、カーネルがふたつの事件の目撃者だと気付き、
動物の言葉がわかるようになるまじないをするのだが…。

カーネルかわいい♡ レックスを思い出します。
動物の言葉がわかったらって、たまに思ったりしますが、実際のところは、
きっとわからないほうがいいんだろうなって思います。
人間が好き勝手なことを考えているのと同じように、
きっと動物も好き勝手なこと、考えているでしょうしね。

ともあれ、このエピはなかなか軽くて、楽しくてよかったです。
最初にディーンが薬を飲んで、しばらくしてから、
サムがごみ箱に投げたごみを戻すのを見て、笑ってしまいました。
ものすごくディーンの中の人が無意識の顔をしてそれをやっていて、
本当に犬の本能として、もってこい遊びがあるんだなーと。
それがわかったあと、もう一度ごみを投げたサムに対して、
一瞬、持っていきたいのに、我慢しているときのディーンの顔が最高でした。

鳩とのけんかも見ていておかしかったですが、保護施設に向かったふたりが、
それぞれの犬と話しているところもおかしくて。
「きょうのわんこ」をいつも録画してみているのですが、
犬って人間と同じように、それぞれのこだわりがあるみたいだし、
性格が違うなぁと思うんだけど、この保護されてる動物たちの、
尋問のシーンはまさにそれ。みんな好き勝手なことしゃべってるし、
もうめちゃくちゃ。唯一の本当に目撃していたわんこは、
取引とか言い出すから、何かと思ったら、おなかをなでてほしいなんて、
なんともかわいらしかった。

サムがピンチになるたびに、結構こまごまとジークが出てきて、
パワーを使っているので、サムの体も、ジークの力も、
本当に回復するまでには、予定よりも長い時間がかかってしまいそう。
ディーンのごまかし方は本当に適当なので、サムが真実に気づく日は、
シーズン半ばよりも早く来そうな気がするのですが、そうなったとき、
サムが早まった決断をしないかと心配。

ところでケヴィン、戻ってきてたんですね。でも登場しませんでした。
今回はクラウリーも名前だけしか出てこなかったし。
キャスも含めて、このシーズンは特に兄弟にフォーカスを当てているのかな。
もうちょっと色々なキャラクターが味を出してくれると、
彩が出ていいですよね。まだまだシーズンは始まったばかりなので、
残りのエピソードに期待です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。