スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー11 第19話 クレイジー・ラブ

Grey's Anatomy 11 
#19 Crazy Love


シアトルに戻ってくることを決めたデレクとメレディスは、久しぶりの蜜月を味わう。
DCでの仕事を断るため、デレクを送り出したあとメレディスは病院に出勤する。
血まみれのシェフ、トマス(ジャクソン・ハースト)と、同じ店の副料理長、
ローリー(テリ・リーヴス)が運ばれてくる。結婚しているトマスは、
ローリーと浮気をしていたが、それがばれて妻にペニスを切り取られたのだった。
一方、天才ゴルファーの少女マリッサ(Ajiona Alexus)が脊髄分離症で病院へ。
骨の専門家であるカリーと脳神経外科のアメリアのオペプランが異なり、
意見を求められたオーウェンは、アメリアのプランを支持する…。

グレイソンというやつは。
私はラブ・リーガル」のグレイソン、浮気な料理長としてゲスト出演。
スキャンダルでも下半身の緩い男としてゲスト出演していましたが、
彼はこういう役のほうがしっくりくる。そんなにカッコよくないんだけど、
なんですかね。色男の役が多いのはなぜなんだろう。

しかしほんの数日の間に、2回もペニスを切り取られるとは。
自業自得なんであれですが、おそろしい事件だわ。
でも、ティザー部分で、大事なモノが入っている箱を覗き込んだミランダの冷静なこと。
あとは、キャサリンがこういうことってそんなに珍しくないといっていた。
そうなんだ…。日本では阿部定事件が有名ですが、こういうことが起きれば、
世界的なニュースになるものかと思っていたけど、そうでもないのか?
なんにしろ物騒なことです。でもすごいよね。植物は別として、
生きているものから、体の一部を切り取るって、まともな人にはできないと思う。
私だったら、相手の浮気にいくら頭に来ていたとしても、殴るくらいだったら、
まだ想像できるけど、それがイチモツでも指でも、切るとか考えられないわ。
世の中にはマッドな人が思ったよりも多いということか。

ハーマンのオペで自信が150%までふくらんだアメリアの失敗。
オーウェンに八つ当たりをするのも、メレディスに八つ当たりをするのも、
納得できませんでした。特にメレディスへの言葉は。
プライベート・プラクティス」でも、アメリアのつらい経験を見てきているから、
彼女の言うところの地獄のような経験もわかる。でも、大切な人を失ってないというのは、
すごく独善的な言葉のように思えました。あの忘れられない飛行機事故
みんなが傷ついた。その中で、目の前でメレディスは妹のレクシーを失っている。
しかもそれは、アメリアのように、薬でハイになった自分のせいではなくて、
まったくの非のない中で起きた天災のようなものだった。これからフィナーレに向けて、
メレディスに起こることへの前兆のような言葉でもあり、いやな感じでした。

アレックス、もはやGSMHのアテンディングたちの心の癒しのような存在に…。
ついこの前、メレディスを励ましたアレックスの働きもなかなかでしたが、
今回はマギーをオペ中に励まし続けてました。本当にいいやつ。
いつからこんなに女心がわかる男になったんだっけ。
この病院、女子率が高いので、そんな中、S1からいる男で話を聞いてくれるのは、
もはやアレックスだけという現実もありますが、これからもそうやって、
みんなの心のオアシスとして活躍してほしいです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : グレイズ・アナトミー

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。