スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル9 第10話 失意のディーン

Supernatural 9 #10 Road Trip

←DVD  ←Blu-ray

ディーンは殺されてしまったケヴィンの遺体を火葬する。サムの体とともに消えた
ガドリエルを探し出すことを決めたディーンのもとにはカスティエルが。
自分を責め続けるディーンを慰め、クラウリーが以前天使を捕まえたときのことを聞けば、
サムの意識に直接呼びかけることができるのではないかとディーンに話し、
ふたりはクラウリーを連れて、ガドリエルを探すためにアジトを出る…。

冒頭のつらさに荒れるディーンのシーンは、一昔前の青春映画のようでした。
選曲やディーンの行動(机に載ったものをぶちまけるとか)、
カメラワークとかが、80年代の青春映画を思い出させる構造で、
タイトル通り、失意のディーンの姿を端的に見せていてよかったです。

このところずっと、隠れ家の地下に閉じ込められていたクラウリー。
やっと本領発揮でしょうか? サムの意識の中に彼が入るといったとき、
方法がほかにない以上、この状況をもっと利用するだろうと思っていたのに、
意外と律儀で、きちんと暗号も伝え、サムを助けようとしましたよね。
もちろんその後ろには彼なりのたくらみがあるのだろうとは思いますが、
それでもちゃんと約束を守ったことで彼の株は急上昇です。

サムのことは相変わらず「でかいの」呼ばわりですが、ちゃんと義務は果たした。
彼の意識の中で、殴られてる姿はまるで酔っ払いでしたが、
今シーズン新しく出てきた(サムは)顔も知らない天使ガドリエルよりは、
クラウリーのほうがおなじみさんというところでしょうか。
きちんとクラウリーを通してディーンのメッセージは受け取りましたね。
意識を取り戻した後のサムとディーンのやり取りは切ないものでしたが、
これまでも道を違えても戻ってきた二人ですから、きっと大丈夫とは思うけど…。

約束通りクラウリーは自由の身になり、アバドンと対決するようです。
私自身の経験からいっても、ヒステリックな女上司よりは、
割と自由に仕事をさせてくれる男上司のほうがやりやすかったりするので、
もしクラウリーが力を取り戻したのだということが知れれば、
彼が地獄の王の座に返り咲く日も近いのかなという気はします。
ただ、アバドンはおとなしく引き下がらないでしょうし、
彼女の側につく悪魔もいるでしょうから、ここは全面対決ですかね。
しばらくサムたちは、悪魔の相手をしないで済むから、WinWinかもしれない。

ここで気になるのは、メタトロンと元の器に戻ったガドリエル。
悪魔の相手はしばらくしないですんだとしても、こちらは待ったはないだろうから、
二手に分かれてしまった兄弟(キャスはどっちにつくのか?)は、
厳しい立場に追い込まれそうですね。早くわだかまりを解消してくれればいいなと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。