スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Major Crimes 重大犯罪課3 第16話 自殺願望の男

Major Crimes 3
#16 Leap of Faith


フリンは運転中にパトカーがサイレンを鳴らして道路を走っているのに気づき、
現場に駆け付けると、そこには高架となっている橋から高速道路に飛び降りようとする男、
ビル(チャド・リンドバーグ)がいた。フリンはビルと話をすることで、
彼を落ち着かせて自殺を思いとどまらせるのだが、彼が運転していたトラックの、
荷台から少女の遺体が見つかる。ビルの身元を確認すると、彼には以前、
未成年者との性行為によって、性犯罪者としての前科があることがわかる。
だが、ビルは少女のことは知らないし、なぜそうなったのかわからないというのだが…。

またしても未成年者が被害者となる事件。しかも犯人はその義父という救いのなさ。
加えて、前科があるとはいえど、立ち直ろうとしていた別の人までを、
巻き込んでしまうという、なんとも後味の悪い事件でした。
今回も、遅れてテレビを付けたときに、アリスという名前が聞こえたので、
まだ見つかっていない身元不明の少女(S3-6「捨てられた命」)の事件が、
何か進展したのかと思ったら、まったくの別人でした。

意外と面倒見のいいフリン。プロベンザとともに、重犯課のベテランで、
職業柄、人を疑うのが日常となって、やや厭世的でもあるフリンですが、
意外とやさしいところがありますよね。こういうエピソードのときって、
大抵、今回のフリンのような役どころになるのは、フリオだと思うのですが、
フリンの魅力がじっくりと味わえるエピソードになっていました。
クローザー」S7-14「絶たれた未来」を思い出させるものがありました。

今回の犯人は、かなり周到に準備をしていますよね。
自閉症の子供の対応が難しいというのはわかるけれど、
だからって殺してもいいなんてことにはならない。母親を説得できなかったのかもしれないが、
そこまで手を焼いているのなら、週に何回かでも施設に通わせるとか、
いくらでも方法はあったはず。事故だったというような主張をしていますが、
ビルの家への石の投げ込みやら、明らかに事前準備がある。
それに本当に事故ならば、たいていの人は、ショックを受けて、
助けようと救急車を呼んだりしますよね。本当にひどい話です。

ビルについてはどうだったんでしょうか。彼の前科については、
未成年との性交渉というだけで、詳細は明かされていなかった。
たとえば、女の子のほうが年齢を偽って、恋愛関係にあったとしても、
性犯罪者の烙印は押されてしまうので、どうだったのかな。
あそこまで思い詰めていた様子を見るに、彼は恋人との関係は、
かなり真剣だったように思います。こんな事件に巻き込まれなければ、
順調に愛情をはぐくむことができたかもしれないのに、
前科がわかってしまった今、それはもうありえないですよね。
恋人の娘の話を聞いても、いたずらをしている様子はなかったですし、
娘に手を出すことが目的の交際には見えなかった。
事実はもはやわかりようもないですが、ビルも被害者…という思いが拭えませんでした。

ジョー先生、久しぶりに出てきましたが、ラスティとのやり取りはほとんどなし。
コンサルとしてではなくて、エピソードのメインとして、
また出てきてほしいけど、どうでしょうか。
ストローケースについても進捗がある様子。こちらについては、
彼が自分で自分を弁護するというのが、なんだか不穏な印象ですが、
こちらはそろそろ決着がつくのだろうか。
ラスティがこれ以上傷つくことがないことを祈るばかりです。
あとはプロベンザとフリンの恋人の悩みが果たしてどんな結末にたどり着くのか。
そちらも興味津々です。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

今回は速攻で視聴しました!
って、すっかり忘れてたストロー・・・
きっとラスティと同じく
ちょっともう勘弁って気分ですが
いつまでも引っ張らないで
さっさと終わらせてほしいです。
ラスティがイヤな思いをしませんように(-人-)

ジョー先生の出番があるとうれしいけど
それがラスティのカウンセリングだと
おばちゃんは辛くなるので
これからはフリン&プロ爺の相談相手として
どっぷり登場してもらいましょう(^_^;)

major crimes 私も時々見ています!
フリンとプロベンザのおじさまコンビ、気の強いエマ・リオス、生意気で可愛いラスティ…などなど、魅力的な登場人物がたくさん出てきますよね(*´-`)
ちなみに、メンタリスト(?)も好きです♪

みーこさんへ

フィリップ・ストローがそもそもラスティが登場したきっかけですが、何しろ「クローザー」時代からの置き土産ですし、このシーズンは彼の話がほとんど出てきてなかったこともあり、「そんなこともあったっけ」状態でした。彼はブレンダのこともかなり苦しめてきた男ですから、まだ若いラスティなんて、操るのも簡単ですよね。早く決着がついてほしいです。

> これからはフリン&プロ爺の相談相手として
ジョー先生の恋愛相談、めちゃくちゃクールでしたよね。ラスティ相手のときは、もとやさしいのに、爺さんなんだから自分でそのくらいわかるでしょといわんばかりでした。でも、その突き放され方に、プロベンザも自分にとってのパトリスの需要差がわかったからいいのかな? 続きも気になるところです。

遠藤 泰子さんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。
Major Crimes、刑事ドラマでありながら、ファミリードラマでもあるところが気に入っています。もうラスティは親戚の甥っ子(気分はお姉さんですが)のような感覚です。このシーズンは重めのエピソードが多いですが、それでも家族のきずなが感じられるところがいいですよね。

メンタリストは私も見ています。チョウが大好きです! 次のシーズンがファイナルらしいので、放映が待ち遠しいですね^^

No title

↑横からスミマセン(m_m)
『メンタリスト』のチョウ、私も大好きです♪
我が家では“チョウ先輩”と呼んで、
「あっ、今チョウ先輩笑ったよね?巻き戻す?」
とか言いながら楽しんでます(^◇^;)

お二方へ(^^)
あら!私もチョウ推しです(笑)
ジェーン目当てで見始めたのに、いつの間にかチョウに目移りしていました。
男っぽさとさりげない余裕を兼ね備えており、素敵ですよね(*´-`)

みーこさん&遠藤さんへ

アンケートを取ったら絶対ジェーンファンが多いはずなのに、みんなそろってチョウ推しとはすごい偶然です! Major Crimesファンはチョウが好きってこと?!

私もこれからチョウ先輩と呼ばせていただきます^^ リグスビーと違って、先輩感が確かに漂ってます。男らしくて、さりげないやさしさが素敵ですよね☆ ハンサムだし…!

初めまして。
S3は、ラスティの状況により絡めてストーリー展開している気がします。
ビルのその後に救いがあるエンディングも観てみたかったですね。あまりにも不憫です。
CSI S13「ベビー・コーデリアの棺」でも性犯罪の前科がある男が疑われて、最終的に犯人ではなかったのですが、疑われて彼女や会社にもバラされて全てを失うという話でした。

かりさんへ

はじめまして、こんにちは。遊びに来てくださり、ありがとうございます。

かりさんのおっしゃる通り、S1、2ではそこまで子供が巻き込まれる事件は多くなかったように思います。このシーズンは、ラスティの養子縁組の問題もあったので、彼が決断をするにあたって、未成年者が犠牲になる事件がフォーカスされているのかもしれませんね。

ビルの中の人、CSIでもそんなかわいそうな役柄だったんですか…。そういったイメージがついてしまったのでしょうか? かくいう私もジョン・ビリングスリー(コールドケースの「森」のジョージの中の人)を見ると、絶対に悪い人にしか見えないという癖があります。ビルのその後、気になりますね。いつか続きのエピソードを作ってくれるといいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。