スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル9 第12話 ガースとの再会

Supernatural 9 #12 Sharp Teeth

←DVD  ←Blu-ray

ある町の牧場で、牛を殺したガースは、逃げようとして車にひかれてしまう。
逮捕され、病院に治療のために運ばれたという内容の警察無線を聞いて、
サムとディーンはそれぞれガースのもとへと駆けつける。
はからずも病院で鉢合わせた二人は、気まずくなるのだが、
目を覚ましたガースは、トイレに行くふりをして逃げ出してしまう。
ふたりは手分けをしてガースを見つけ出すのだが…。

スナフキン(笑)。
久しぶりのガースの登場はうれしかったけど、ちょっとほろ苦かったですねー。
彼がこんな形で幸せを見つけるというのは、思ってもみなかったけれど、
ハンターって孤独な職業ですから、彼に家族ができたというのは、
うれしいことかなと思う。まして、もう一方がぎすぎすしている今は、
こういういいニュースが貴重というか。一族内の内乱を見て、
ショックを受けはしたでしょうけれど、愛情で結ばれた家族もいますから、
大変だとは思うけど、こちらは大丈夫なのではないかと思います。

しかし問題なのは…。
もう家族には戻れない。戻れないの? そうなの?
ここ、難しいですよね。家族って、一般的には理屈を抜きにして、
お互いに対する愛情があるものだと思うのですが、
そこに甘えて、ある一線を越えてしまったとき、もうこれ以上は無理だという、
それまで基礎としてあった愛情が、消えてしまうことがあるのは確か。
そこに至るまでには、何度も相手に裏切られるという経験があるからで、
気持ちが切れてしまった相手を責めることは難しい。

ただ、お互いの立場が違う以上、見えている景色が違うのも事実で、
確かにディーンは、サムに黙って彼の望まないことを推し進めてきたのでしょうが、
それはあくまでも、サムの命を救うためだったというのが、
とても悲しいすれ違いのように見えます。あの話し方だと、
サムは嘘をついて命を救われることより、殉教者になることを望んでいるように見えた。
でも、大切な弟をそんなふうに犠牲者になんてできないよね。

こんなときにボビーがいたら、突き放したような言葉でも、
うまく二人の間を取り持ってくれたのだろうと思いますが、
彼はいなくなってしまった。キャスはやはり元天使なので、
そういう人間臭い複雑な気持ちは理解できないから頼りにならないし。
そうなったとき、実は意外かもしれないけど、もしかしたら兄弟の仲を取り持つカギは、
クラウリーが持っているのかもしれません。こちらは地獄の王なので、
人間のどろどろした感情はよく知っていますからね。
果たしてそういう展開があるのかはわかりませんが、ちょっと期待しています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。