スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーナチュラル9 第16話 剣を追う者たち

Supernatural 9 #16 Blade Runners

←DVD  ←Blu-ray

原始の剣を探しているはずのクラウリーからの連絡が絶えてしまったため、
ディーンは何度もクラウリーに電話をかけ続けるのだがつながらない。
だが、クラウリーは人間の血の依存症をかかえて、ホテルで女と遊んでいた。
サムはクラウリーのことを心配している様子のディーンに対して、
剣を手に入れたら、クラウリーを殺すと告げる…。

オッサン…。
なんだか地獄の王のはずが、ただの酔っぱらいの変なオッサンになってましたよ。
人間のDNAに依存が組み込まれているからだみたいなことを言ってましたが、
いやー、そういう話じゃないでしょ。最後に面目を取り戻したものの、
このエピソードでは、ダメダメクラウリーのしょうもない姿を、
がっつり堪能できる話でした。もともとのらりくらりとした役ではありましたが、
今回はその魅力(なのか)爆発だった…のかな?

助け合うことになってから、ディーンとクラウリーの間には、
ちょっと不思議な休戦協定ができていたと思うのですが、
自分の中に無許可で天使をいれたことにまだ腹を立てているサムは、
ディーンのことも許せていないし、ディーンが心配しているクラウリーのことも、
どうにも気に食わなくて、いろいろとケチをつけてきてはいますが、
自分のほうがサムより役に立っているというクラウリーの言葉は一理あり。
それもサム自身の不安要素の一つなんですかね。

心配だったのは、あの原始の剣を手にしたときのディーンの反応。
麻薬的な作用があるのか、それとも体を内側からボロボロにするのか。
どちらとも取れるような演技だったんですが、どちらであっても、
よくない展開ですよね。兄弟にはいつもいつも災難というか、
試練が降りかかりますが、今回のこの剣は、前シーズンのサムの、
扉関連と同じレベルの大きな試練となりそうです。
次のシーズンは、サムとディーンの立場が逆になるのかもしれません。

どうやら年末進行の放送時間の改定で、15話を見損なってしまったらしい。
シーズンフィナーレの後の再放送でキャッチアップしなきゃ。
結構ぎりぎりまでこの年末年始は通常放映してたってことですね。
ありがたいけど、自分のチェックが甘かったです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。