スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナース・ジャッキー7 第3話 看護助手ジャッキー

Nurse Jackie 7 #3 Godfathering

ジャッキーは看護師の免許停止となり、看護助手としてオールセインツで働くことに。
アカライタスはジャッキーに裏切られていたという思いも重なり、
ゾーイに厳しくジャッキーを監視するように命令する。雑用しかできないはずの
ジャッキーだが、周りのスタッフは彼女の有能さを分かっているため、
つい彼女の介入を許してしまうのだが、患者や薬への接近は厳禁といわれ、
ジャッキーの扱いに戸惑う。一方、ローマンの妊娠に浮かれるクーパーは、
彼女へのサプライズとして、家を買おうとしていた…。

エディは結局都合のいい男なのかなぁ。
彼がジャッキーにしていることって、必ずしも正しくはないのだけれど、
そこには無償の愛があって、もしかしたら本当は、
彼こそがジャッキーのMr. Rightなのかもっていう気はする。
(エディにとって、ジャッキーがMs. Rightかというと、そこはイコールではないのだが)
精神的に不安定な人にとっては、損得とかをすべて抜きにしたところで、
包み込んでくれる人が必要だと思うんですよね。そういう意味でも、
エディは大切な人だし、もっと大切にされてしかるべきかと。

能天気なようでいて、結構繊細なクーパー。
ミニ・クーパーの誕生に心躍らせていたのに、それがなくなるとなると、
そりゃあ落ち込みますよね。IQどうのは別として(医者だからそこそこ頭はよかろう)、
あんまり賢くはないクーパーですが、人の良さはエディとどっこいですから、
お父さんになったら、すごく子供をかわいがると思うんですよね。
ジャッキーたちとの比較にすると、ローマンはクーパーにとっての、
正しい相手ではないなと思うけど、家庭を持つべき人かなと。

敬愛するジャッキーの監視役になってしまったゾーイ。
自分の中で、自分よりもずっとレベルが上で、尊敬する相手を、
自分の下につけなくてはならなくなったというのは、本当にストレスだと思う。
こんなことしたくないのに、しなくてはならない。ジャッキーのことを、
信じたいけど、信じきれない。アカライタスへの仁義もあるし、
本当に板挟み状態。そこに加えて、自分のせいでエディが首になんて、
ホント、きついだろうなと思う。修士課程に進むことによって、
仕事から少し距離を置くのも一つだけど、ジャッキーのおかげでここまで
優秀な看護師になったのだから、臨床で頑張ってほしい気もします。

ここにきて突然、オールセインツ売却の話が出てきましたが、
今までも予算不足には悩まされてきていますよね。
果たして本当に病院がなくなってしまったら、スタッフたちはどうなるのだろう。
医療業界は人手不足でしょうし、職に困ることはないのでしょうけど、
それまで絆を培ってきた仲間とばらばらになるのはきついですよね。
そこもファイナルシーズンの見どころになるのかなと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。